ハロウィンのお化けかぼちゃの名前は、ジャック・オー・ランタン(Jack O’ Lantern)ですが、この名前の由来や意味についてご存じですか?

本記事では、お化けかぼちゃの名前がジャック・オー・ランタンになったワケやかぼちゃが使われるようになった経緯について説明していきます。

お化けかぼちゃの名前の由来

まずは、お化けかぼちゃの名前がジャック・オー・ランタンになった理由について説明します。

ジャックと悪魔の出会い

昔、アイルランドにジャックというケチで飲んだくれの男がいました。ジャックは悪知恵の働く男であり、いつも人を騙してばかりいたのです。

そして、あるハロウィンの夜、ジャックが酒場で酔っ払っていたとき、地獄から現世にやってきた悪魔と出会いました。ハロウィンの夜はあの世とこの世の境がなくなるので、この日の夜には悪魔たちが人間に取り付こうと、現世にやってくるのです。

悪魔は、ジャックに対して、「お前の魂を奪い取るぞ」と言ってジャックの魂を乗っ取ろうとしたのです。そのとき、ジャックは「私の魂をあげよう。ただし、最後にお酒を一杯だけ飲ましてくれ」と悪魔にお願いしたのです。

これを聞いた悪魔は、ジャックに情けをかけ「最後の一杯くらいご馳走してやるか」と考え、悪魔はジャックのためにお酒を買うためのお金に変身しました。するとジャックは、そのお金を素早く財布の中に入れて、財布の口を固く閉じたのです。

悪魔は財布から出られなくなり、一気に立場は逆転し、悪魔はジャックに「お願いだから、財布から出してくれ」と懇願しました。するとジャックは、「出してやる代わりに、今後10年間はオレの魂を奪わないと約束しろ」と悪魔に契約を持ちかけました。

悪魔がこれに応じたため、ジャックは悪魔を財布から出してあげたのです。

sponsored link

悪魔との再開

10年後のハロウィンの日に、ジャックが夜道を歩いていると、10年前の悪魔に出会いました。悪魔は今度こそジャックの魂を奪い取ろうとして、襲いかかろうとしたのですが、再びジャックは悪魔にあるお願いをしたのです。

「わかった。今度こそ、私の魂をあげます。ただし、その前に、あの木になっている林檎を一つとってくれないか?」

悪魔は、10年前のことを思い出し、またジャックに一杯食わされるのではと恐れましたが、10年前に合ったときよりも落ちぶれたジャックを見て、みすぼらしく感じ、再び情けをかけて、木になった林檎をとってあげたのです。

そして、悪魔が林檎の木から降りようとしたとき、ジャックは木の幹に素早く十字架の文字を刻みました。すると、悪魔は十字架が怖くて、木から降りることができなくなったのです。

そこで、ジャックは再び悪魔に契約を持ちかけ、今後自分の魂を取らないことを約束させたのです。

sponsored link

地獄と現世の狭間を彷徨うジャック

ジャックは悪魔に魂を取られなかったものの、年をとり、亡くなってしまいます。そして、ジャックは現世で多くの人を騙しており、乱暴者だったため、天国に行くことができず、地獄へと送られることになりました。

ところが、ジャックが地獄の門に行くと、そこには例の悪魔が門を守っており、悪魔はジャックにこう告げたのです。

お前は地獄には入れない。だって、オレはお前の魂を取らないと約束したからな。

ジャックは、悪魔に現世での仕打ちについて謝り、なんとか地獄に入れてもらえないかと懇願しますが、悪魔は首を縦に振ろうとはしませんでした。そのため、ジャックは仕方なく元来た道をゆっくりと戻り始めたのです。

しかし、真っ暗で明かりがなく、どの方向へ進めばよいのかもわかりません。見かねた悪魔は、ジャックのために燃えている炎の魂を分け与えたのです。ジャックは、持っていたカブをくりぬいて、その中に、魂の炎を入れて、提灯を作り、その明かりを頼りにしました。

ジャックは、目的地もわからず、先も見えない真っ暗な道を行くあてもなく、とぼとぼと進みはじめました。そして、ジャックは永遠に、あの世とこの世の狭間を行ったり来たり彷徨うようになり、いつしかジャックの持つちょうちんは、死んだ人の魂のシンボルとなったのです。

つまり、ジャック・オー・ランタン(Jack O’ Lantern)というのは、ちょうちん持ちの男という意味であり、ランタンを片手に、安住の地を求めてこの世をさまよい続ける男を示しています。

かぼちゃが使われるようになった理由

アイルランドで伝えられたジャックと悪魔の話は、アメリカに伝わると、カブのちょうちんはかぼちゃへと変わりました。当時のアメリカでは、カブは人々に親しみがなく、かぼちゃの方がたくさん採れていたので、ハロウィンの日には、かぼちゃで提灯を作ることが一般的になったのです。

そして、ハロウィンの日にかぼちゃをくりぬいてロウソクを立てておくと、善霊を引き寄せ、悪霊を追い払う効果があるとされており、ハロウィンの日にはこぞってかぼちゃ提灯を立てる人が増えていったのです。

sponsored link

素敵な彼女が簡単に見つかる話題のアプリ|今すぐ彼女が欲しいメンズは必見だ!

kappuru

「できることなら、彼女が欲しいけど、自分は奥手だから・・・」

「女友達は少ないし、毎日仕事が忙しくて出会いもない」

「街で声をかけるなんて、自分には恥ずかしくて絶対無理」

こんなふうに思って、彼女をつくることを諦めていませんか?

確かに、駅やショッピングセンターで「この女性いいな」と思っても 声をかけるのはかなり勇気がいりますよね。

「何、この人 と女性から気持ち悪がられたらどうしよう」

「冷たくあしらわれたら傷つくしな」

そう考えてしまって、一歩を踏み出せない男性は案外多いんですよ。



でも、大丈夫です。

もし、あなたがスマホをお持ちなら、これから紹介するアプリを使えば 簡単に理想の彼女を手に入れることができますから。

そう言うと、何だか胡散臭く感じてしまうかもしれませんね。



ただ、あるスマホアプリでは、毎日約10万組以上の 男女のマッチングが成立しているんですよ。

最近、AneCanやCLASSYなどの有名雑誌で紹介されて話題の タップル誕生というアプリは、毎日4500人が登録している 大人気の恋活アプリです。

kappuru

タップル誕生は、これまでに、2500万組のマッチングが成立していて 恋活アプリとして高い実績を誇っています。

とにかく登録者数が半端なく多いので これならあなたの理想とする女性に出会える確率もぐっと高くなります。



それこそ、街中でナンパなんて原始的なことをしている場合じゃないですよ。

もし、あなたが今すぐ可愛い彼女をつくりたいと考えているなら こちらからタップル誕生をチェックしてみてください!

公式ページ⇒タップル誕生の詳細をチェックしてみる