どうも、ダイスケです。

今日は、ファミマの鶏そぼろ弁当を食べたので、感想をまとめておきます。

ファミマ 鶏そぼろ弁当

まず、卵そぼろはあっさりした塩味であり、大小のそぼろがあるので、しっかりと食感を楽しむことができます。ファミマHPの商品紹介では、卵そぼろは甘くふんわりした食感に仕上げていると書かれていますが、卵そぼろ単体で食べると、甘味は全く感じられませんでした。

しかし、鶏そぼろと一緒に食べると、卵にほんのり甘味を感じるとともに、卵の甘さとそぼろの醤油味の塩気が絶妙にマッチしている印象を受けます。卵そぼろは存在感はありますが、主張しすぎず、鶏そぼろと見事に融合している印象を受けます。また、卵はパラパラですが、しっとりとした食感は残しており、そぼろが少し固めで、卵がパラパラふわふわなので、食感の違いも楽しめます。

鶏そぼろには醤油、みりん、砂糖が使われていますが、甘さはほとんどなく、醤油とみりんが絶妙に混合されており、鶏肉にしっかりと染み込んでいるので味わい深いです。

ごはんは、もちもちとパラパラの中間くらいの食感であり、ベチャッとしたような悪い食感はないです。また、ごはん、そぼろ、たまごの比率が完璧なので、米が余ってしまうことにはならなかったです。

全体的な評価では、300円でこのクオリティなら文句はないですが、満腹感は得られません。満腹感を得たいなら、コロッケなどのホットフードをひとつ購入すべきかと感じます。