ハロウィンの由来を子供向けに簡単に説明する方法を紹介しておきます。

 ハロウィンで仮装する理由

まず、ハロウィンの由来を子供に分かりやすく説明するには、大人がハロウィンについて正しい知識を持っておく必要があります。そもそも、ハロウィンは古代ケルト人が行っていた秋の収穫に感謝するお祭りに起源があるとされており、ケルト暦では10月31日が1年の終わりとなるのです。

そして、10月31日の夜には「この世とあの世の境」がなくなり、死者の霊、悪霊、魔物などが人間界に訪れるとされており、悪霊や魔物たちは田畑や農作物を荒らしたり、人間の魂を奪ったり、子供をさらったりすると恐れられていたのです。

そのため、人々は悪霊に魂を取られないために、悪霊や魔物たちと同じ格好をして悪霊の目を欺き、自分たちの身を守っていました。さらに、悪霊や魔物に似せてオドロオドロしい格好をすることで、悪い霊を追い払っていたのです。

以上から、子供にハロウィンで仮装する理由を聞かれたら、以下のように答えて上げましょう。


外国では、昔から10月31日には悪い霊や魔物が人間に取り付くために、地獄からやってくると伝えられているんだって。でも、悪い霊や魔物たちは自分たちと同じ格好をした人間は、仲間だと勘違いして襲わないんだ。

だから、10月31日には魔物のように怖い格好をして、悪い霊を追い払っているんだよ。


では、次にハロウィンにおいて子どもたちがお菓子をもらうようになった由来について説明します。

sponsored link

トリックオアトリートの由来

ハロウィンで使われるトリックオアトリートという言葉は、「お菓子をくれないといたずらするぞ」という意味ですが、この由来について理解しておきましょう。先に説明したように、10月31日には、あの世から悪霊や魔物が人間界に降りてきます。

そのため、人間は悪霊や魔物を鎮めるために、お供え物を差し出していたとされており、お供えを献上しなかった家には恐ろしい災いが振りかかると人々は信じていました。また、ハロウィンの夜に魔物が家を訪ねてきた際には、家の中に入って悪さをされないために、お供えを差し出していたという説もあります。

その後、1911年のハロウィンの夜には、悪霊に仮想した子供たちが歌を歌いながら近所の家やお店を回って、お菓子をもらうようになり、子供が大人からお菓子をもらう際の可愛い脅し文句として「トリックオアトリート」という言葉が使われるようになったのです。そして、この言葉を聞いた近所の住民たちは、小さな可愛い悪霊たちを追い払うために、喜んでお菓子を差し出したとされています。

つまり、ハロウィンの夜に子どもたちが大人からもらうお菓子は、元々は悪霊を鎮めるためのお供え物だったということです。以上から、ハロウィンの日にお菓子をもらえる理由を子供に聞かれたら以下のように教えてあげましょう。


ハロウィンの日には、あの世から魔物が人間界に降りてきて、家に訪ねてくるから、大人たちは魔物にお供え物をあげることで、自分の家で悪さをしないようにお願いしていたんだ。そして、このことを知った子どもたちは、いつしかハロウィンの夜になるとお菓子をもらうために、魔物の格好をして周りの家を訪ねて回るようになったんだ。

子供は「お菓子をくれないとイタズラするぞ」って言うから、ハロウィンの日だけは、近所の大人たちは子供にお菓子をあげるようになったんだ。


では、最後にハロウィンの日にカボチャをくりぬいて提灯を作る理由について説明します。

sponsored link

カボチャ提灯の由来

まず、結論から言うと、カボチャ提灯はお守りの意味があります。ハロウィンの日にあの世から降りてくる悪霊たちを追い払う効果があるとされており、番犬のようなものです。そして、カボチャを怖い顔に彫るのは、悪霊を怖がらせて、家に寄せ付けないためです。

では、このカボチャ提灯がジャック・オー・ランタンと呼ばれるようになった理由について説明していきます。昔、アイルランドにジャックという嘘つきで乱暴者の男がおり、彼は生前悪行三昧だったため、亡くなった後に天国へも地獄へも行けず、あの世とこの世の狭間を彷徨うこととなったのです。

このとき、ジャックはカブをくりぬいて作られた提灯の明かりを頼りにさまよい歩いており、この伝承がアメリカに伝えられて、カブがカボチャに置き換わったのです。当時のアメリカではカブは珍しく、一般的に親しみのあったカボチャが使われるようになりました。

以上から、ハロウィンの日にカボチャの提灯を飾る理由について、子供に聞かれた場合は以下のように答えましょう。


怖いカボチャの顔で提灯を作るのは、あの世から降りてくる魔物を怖がらせて、家に近づけないためなのよ。そして、このカボチャ提灯がジャック・オー・ランタン(提灯持ちのジャック)と呼ばれているのは、昔アイルランドという国にいたジャックという悪い男のお話からなの。

ジャックは、生きているときに悪さをし過ぎたせいで、天国にも地獄にも行けずに、幽霊になってさまよい続けていたの。そのとき、カブをくりぬいた提灯の明かりを頼りにして自分の居場所を見つけてさまよい歩いていたの。

そして、このアイルランドのお話がアメリカに伝えられたとき、アメリカ人はカブではなくてカボチャを使ったことがきっかけで、ハロウィンの日には、カボチャをくりぬいた提灯を作るようになったの。


 まとめ

子供にハロウィンの意味を説明する際には、まず大人が正しい知識を持つことが必要です。今回説明した「ハロウィンで仮想する理由」、「トリックオアトリートの由来」、「カボチャ提灯の由来」については、子供でなくとも疑問に感じることなので、今年のハロウィンまでにしっかりと知識を頭に入れておき、ハロウィン当日は格好良く子供に説明したいものです。

sponsored link