2017年11月3日は文化の日ですが、その由来や意味を正しく理解している人は少なく、自分の子どもから「パパっ、文化の日って何?」と聞かれたときに、わかりやすく解説してあげることができません。

そこで、文化の日の由来や意味について、子どもに説明できるように解説しておきます。

文化の日の由来と意味

まず、文化の日は、日本国憲法が交付された1946年11月3日と同じ日であり、1948年から公布され、施行された祝日法で「文化の日」と定められています。

そして、祝日法によると「文化の日」は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」とされており、名前の由来は、日本国憲法が平和と文化を重要視していたことから、「文化」という単語が用いられたのです。

では、同じように日本国憲法に由来する5月3日の憲法記念日と何が異なるのでしょうか?

 

憲法記念日には、「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する」という期待が込められており、文化の日とは趣旨が明らかに異なります。

また,文化の日が日本国憲法公布日に相当しているのに対して、憲法記念日は日本国憲法の施行開始日(1947年5月3日)と同じ日です。

そこで、公布と施行の違いについて確認しておきましょう。

 

まず、公布というのは、国会などで可決されて成立した法令の内容を政府関連紙などを通じて、国民に知らせることであり、施行は公布された法令の効果を実際に適用させることを表しています。

以上から、文化の日は日本国憲法が国民に公布された日として非常に意義深い祝日であり、日本国憲法の3大要素である「国民主権」「基本的人権の尊重」「平和主義」を尊重する日なのです。

sponsored link

「文化の日」は「憲法記念日」になるはずだった…

1948年7月20日に施行された祝日法により、11月3日は文化の日と定められましたが、実は「文化の日」が制定される以前、1947年までは11月3日は「明治節」と呼ばれる明治天皇の誕生日として休日だったのです。

しかし、戦後GHQは日本の弱体化を図るために、天皇に関係するものを徹底的に排除したのです。

そのため、明治節も廃止されてしまいました。

 

ご存知の通り、明治天皇は近代日本の礎を築いた偉大な方であり、その偉業を永遠に語り継いでいくために、祝日法が議論されていた1947年から1948年にかけては、11月3日を「憲法記念日」に制定しようという動きがありました。

当時、参議院で文化委員長を務めていた山本勇造さんは、11月3日を憲法記念日にすることを強く主張していました。

しかし、当時日本を管轄していたGHQに拒否されたため、11月3日を憲法記念日にすることはできなかったのです。

 

このときは戦争が終わった直後だったため、仮に11月3日を憲法記念日に制定してしまうと、「明治天皇」、「日本国憲法憲法」、「記念日」が同時に連想されてしまう危険があったため、GHQは却下したのだと考えられます。

というわけで、本来11月3日は文化の日ではなく、憲法記念日として採用される可能性があった日であり、祝日法が施行される前の1948年2月26日の国会記事録には、祝祭日に関して「明治節を通じて明治時代を永久に思い出して行きたい」という趣旨の記述がなされており、「文化の日」と「憲法記念日」の制定には明治節が関わっていた可能性が高いと考えられています。

sponsored link

 子どもに文化の日を説明するには

さて、「文化の日」制定までの背景をひと通り理解したところで、子どもに文化の日をわかりやすく説明する方法について紹介しておきます。

まず、「文化の日って何」という質問については、現在の日本の平和で安全な社会、そして差別のない世の中に感謝する日であるという説明で良いでしょう。

そして、文化の日は現在の日本を形成する礎となった日本国憲法が、広く世に知られた日であり、同時に明治天皇の誕生日でもあるという説明も加えましょう。

 

私達が、毎日豊かな生活を送れているのは、現在の日本の基盤を築いた明治から昭和の人々の努力のおかげであると教えてあげましょう。

sponsored link

素敵な彼女が簡単に見つかる話題のアプリ|今すぐ彼女が欲しいメンズは必見だ!

kappuru

「できることなら、彼女が欲しいけど、自分は奥手だから・・・」

「女友達は少ないし、毎日仕事が忙しくて出会いもない」

「街で声をかけるなんて、自分には恥ずかしくて絶対無理」

こんなふうに思って、彼女をつくることを諦めていませんか?

確かに、駅やショッピングセンターで「この女性いいな」と思っても 声をかけるのはかなり勇気がいりますよね。

「何、この人 と女性から気持ち悪がられたらどうしよう」

「冷たくあしらわれたら傷つくしな」

そう考えてしまって、一歩を踏み出せない男性は案外多いんですよ。



でも、大丈夫です。

もし、あなたがスマホをお持ちなら、これから紹介するアプリを使えば 簡単に理想の彼女を手に入れることができますから。

そう言うと、何だか胡散臭く感じてしまうかもしれませんね。



ただ、あるスマホアプリでは、毎日約10万組以上の 男女のマッチングが成立しているんですよ。

最近、AneCanやCLASSYなどの有名雑誌で紹介されて話題の タップル誕生というアプリは、毎日4500人が登録している 大人気の恋活アプリです。

kappuru

タップル誕生は、これまでに、2500万組のマッチングが成立していて 恋活アプリとして高い実績を誇っています。

とにかく登録者数が半端なく多いので これならあなたの理想とする女性に出会える確率もぐっと高くなります。



それこそ、街中でナンパなんて原始的なことをしている場合じゃないですよ。

もし、あなたが今すぐ可愛い彼女をつくりたいと考えているなら こちらからタップル誕生をチェックしてみてください!

公式ページ⇒タップル誕生の詳細をチェックしてみる