どうも、ダイスケです。

今回は、無駄に使っている時間の見える化についてまとめておきます。

大人になり、サラリーマンになると時間の大切さは身にしみて感じることでしょう。そして、大半の時間を会社に拘束されることになるので、朝出社する前の時間、帰宅してからの時間、休日など自分の自由に使える時間を有意義に活用したいと考えるはずです。

私の場合は、副業や自己啓発などに多くの時間を使いたいので、ダラダラとテレビを見たり、ゲームをしたりと生産性の低い時間を極力少なくしたいのです。そこで、活躍するのが、1日のスケジュール表です。

その時間に何をしたのかを1つ1つスケジュール表に記入していくことで、1日という時間をどのように使用しているのがが明確になります。つまり、無駄に使用している時間と事柄が一目瞭然なので、何を改善すれば、時間を捻出できるのかがはっきりします。

例えば、私の場合は、スケジュール表を作成したことで、毎日風呂から出て30分間テレビを見て時間を浪費していることに気づきました。髪を乾かしたり、歯ブラシをしながらテレビを見ていたのですが、いつの間にかテレビを見ることが目的となっており、髪を乾かす時間や歯ブラシする時間が長くなってしまい、時間を無駄にしていることに気づいたのです。

私は髪が短いので、乾かすのに5分もかかりませんし、歯ブラシも2分もあればできます。つまり、余裕を持って10分だとしても、20分間はテレビによって時間を浪費していたのです。この20分間を読書にあてたり、早く寝て、20分だけ早起きするという使い方も考えられます。

ちなみに、私は、この20分をビジネス書を読む時間にあてました。

このように、1日のタイムスケジュールを書き出すことで、自分がどんな事柄でどのくらいの時間を無駄にしているのかが見えるので、時間を捻出したい方にはおすすめです。