どうも、ダイスケです。

実は、私はサッカー好きなので、今日は海外で活躍する日本人サッカー選手について書きたいと思います。

まず、香川真司選手についてですが、ドルトムントではクロップ監督が勇退して、新たにトゥヘル監督が就任しました。昨シーズンはチームとしても本人としても不本意な結果に終わっていますから、来シーズンにかける想いは誰よりも強いはずです。

ブンデスリーガでは、バイエルンの一強時代となっており、ドルトムントが黄金時代を復活させられるかどうかが注目ポイントと言えます。香川真司選手は、昨シーズンのようなパフォーマンスでは、レギュラーの座を追われかねないですし、下手すれば、来シーズン終了と同時に放出される可能性すら考えられます。

復権を狙うチームで存在感と数字を残せるかどうかが注目されます。

次に、本田圭佑選手についてですが、ミランもドルトムント同様に昨シーズンの不本意な結果から巻き返しを図るために、補強を進めている状況であり、イブラヒモビッチ復帰も囁かれています。最近のニュースでは、オーストリアの3部クラブを買収したことが報じられていますが、経営に力を入れている場合ではないと思うのですが…。

本田圭佑選手も昨シーズンは不本意なパフォーマンスだったことから、ミラン放出も噂されており、プライドの高い本田選手のことですから、都落ちするくらいなら引退してしまう可能性も否定できません。

つまり、現在オーストリアのクラブを買収したのは、引退後にクラブ経営に乗り出すからではないかとの見方もあります。いずれにせよ、本田選手と香川真司選手の活躍がなければ、次のワールドカップで日本がベスト16に進出するのは困難なので、ぜひ二人に活躍して欲しいものです。