どうも、ダイスケです。

本日、破損したノートPCを購入した家電量販店で交換してもらいました。使用わずか6日目でキーボードのキープレートが取れてしまったということで、明らかに欠陥品だったので、すぐに交換できて助かりました。

もう、今後は海外メーカーのノートPCは絶対に購入しないと決意したわけです。今回の記事では、家電量販店でパソコンを交換するまでの流れについてまとめておきます。まず、破損したパソコンと電源コードなどの付属品、購入した際の領収書を持って、家電量販店に行きました。

ところが、店員さんから、プロダクトキーが必要だと告げられたのです。

プロダクトキー
150725_140652

要は、家電量販店は、破損したPC、付属品、製品が入っていたダンボールケース、プロダクトキーとともに、メーカーに修理を依頼するわけですが、プロダクトキーは高価なものであり、これがないと交換保証できないというのです。

事前に家電量販店に伺う前に、電話で必要なものについて確認しておかなかった私のチョンボなのですが、プロダクトキーは保管していたので、自宅に一度帰り、プロダクトキーの書かれた用紙を持って再度家電量販店へ向かいました。

というわけで、ノートPCを交換する際には以下のアイテムが必要です。

  • ノートPC本体
  • バッテリパック、電源コードなどの付属品
  • プロダクトキー
  • 購入時のレシート
  • 製品が梱包されていたダンボールケース

ダンボールケースは無くても交換してもらえますが、残りの4つは必須です。

新品 ノートPC
150725_131405
ノートPC
150725_131305