こんにちは、ダイスケです。

狭いワンルームに一人暮らししていると、モノが増えてきた時に収納に困ってしまいます。そんなときは、活用されていない空間をうまく利用することをおすすめします。

そして、空間をうまく活用するためのアイテムとして、吊り棚が非常に有効なのです。

吊り棚 2

吊り棚 1

私の場合、吊り棚には、トイレットペーパーやティッシュ、洗剤、シャンプー、ボディーソープなどの生活品のストックが置いてます。

また、壁掛け本棚も空間を活用するという点では、吊り棚同様に非常に便利な収納法です。

壁掛け本棚

上の写真のような簡易式のシェルフは価格も安いので、ベッドの枕元付近に設置しておけば、寝る前に本を読む人にとっては便利です。

ワンルームに暮らす場合は、家電、ベッド、机、収納ケース、テレビなどを設置すると、床にスペースはほとんどないので、吊り棚などを利用することで、空間をうまく活用すると、快適な生活をおくることができます。

ただし、注意点としては、ベッドの真上に吊り棚を設置しないようにしましょう。万が一、地震などで棚を固定するフランジなどが破損したときに危険です。