こんにちは、ダイスケです。

突然ですが、あなたは自分にがっかりしたことはありませんか?

例えば、私の場合だと、夏にビーチで細マッチョな体を見せつけて、可愛い女の子をゲットするぞと意気込んで、ダイエットを始めたものの、1ヶ月後には、開始時とそれほど変わらない体型の自分が鏡に写っているのを見て、非常に残念な気持ちになったことがあります。

つまり、自分が想像していた理想の自分のボディと鏡に写る現実のたるんだ体とのギャップから、自己嫌悪に陥るわけです。そもそも、ダイエットが成功しなかった要因は、モチベーションを維持できなかったからです。

途中までは、あこがれのボディを手に入れることを目的として、日々筋トレとジョギングに励んでいたのですが、途中からモチベーションが低下し、筋トレのメニューが一つ減り、何かと理由をつけてジョギングに行かない日もあり、結局後半は、最初に自分に課したノルマを達成できない日が続いていました。

そのため、最終的には、自分が目指した結果とは程遠いものとなったのです。では、ダイエットを始めた当初と同じモチベーションを保つにはどうすればよいのでしょうか?

そのためには、モチベーションの根源を明らかにするのです。今回のダイエットのモチベーションの根源は、痩せて細マッチョな体を手に入れることではなく、ビーチで女の子をゲットすることです。

つまり、細マッチョになった体を想像するよりも、ビーチでのナンパに成功して、可愛い女の子と交際している様子を想像した方が、モチベーションを維持するには有効だったのです。痩せて筋肉質なボディになるというのは、ナンパを成功するための確率を上げるための手段であり、それが最終目的ではありません。

よって、痩せるというのは、モチベーションの根源ではないのです。