こんにちは、ダイスケです。

机の上にモノが溢れかえっている人は、やるべきことを先送りしやすいと言えます。机の上に書類などが多く置かれていると、やるべきことを取捨選択するのに手間がかかり、先送りしやすい傾向があります。

仕事が早く、すぐやる人は、机の上が整理整頓されているだけでなく、そもそも机の上に余分なモノを置かないのです。例えば、退社する際に明日の朝一でとりかかるべき仕事のみを机の上に準備しておき、それ以外の不要な書類などは引き出しにしまっておき、目に入らないようにするのです。

一方で、すぐに行動できない人は、机の上にモノが多いため、選択肢が増えて、すぐやるべきことを決めて、行動に移すまでに時間がかかります。私の会社でも、仕事のできる課長の机は、受け箱とパソコン、電話以外には何も置かれていません。直近の仕事に必要な書類のみが、引き出しにしまわれており、それ以外の古い業務は要点だけ頭に入れて、他の資料などは報告書にすべて添付させたり、不必要なものは思い切って捨てることで、常にモノに覆われないよう工夫しています。

そして、モノを捨てる基準とタイミングが明確なので、資料や書類などを抱え込むことがありません。先送りしてしまう人は、自分の机の上を確認してください。

モノが溢れたり、整理整頓されているように見えて、実はすぐに必要でない書類などが多く、ファイリングされて置かれていませんか?