おせち料理の意味や由来について、まとめておきます。

おせち料理の由来

まず、おせち料理は、漢字では「御節料理」と表記され、もともとは節日(節句)に作られる料理を表していました。ここで、節日(節句)は、日本の暦の一つであり、毎年特定の時期に行われる年中行事の日を指しています。

そして、節句には以下の五節句があります。

五節句

本来は、これら五節句におけるそれぞれの祝儀料理が節句料理と呼ばれており、御節料理とは五節句に作られる料理を指していたのです。つまり、昔は「御節料理=節句料理」であり、元旦に食べる料理以外にも、五節句で食べる料理も御節料理と呼ばれていたのです。

しかし、元日は数え年において新たな歳が加わる特にめでたい日であり、節日の中でも五節句とは別格扱いされるほど重要視されていました。そのため、五節句に食べる節句料理よりも元日の祝儀料理の方が重要だと考えられるようになり、江戸時代には正月三が日から松の内(1月7日)にかけて食べられていた正月料理のみを御節料理(おせち)と呼ぶようになりました。

つまり、現在ではおせち料理と言えば、元旦(節日)に食べるお祝い料理を意味しており、五節句に食べる料理は節句料理と呼ばれ、おせち料理とは区別されています。

また、おせち料理が重箱に詰められるようになったのは、明治時代以降とされており、以下のような理由からだと考えられています。

  • めでたさが重なるようにとの願いが込められている
  • 重箱に入れて団重ねすることで場所を取らない
  • 蓋があるので、ホコリや虫が入らない

おせち料理は品数が多いので、調理できたものから順番に重箱に重ねていくことで場所を取らないというメリットがあります。また、おせちは何日かにわけて食べられるので、虫やホコリなどの異物が入らないように、蓋のついた容器が必要だったのです。

では、次におせち料理に使われる食材において、それぞれの食べ物に込められた意味や願いについてまとめておきます。

sponsored link

おせち料理の各食材の意味

さて、おせち料理によく使われる以下の食材において、それぞれに込められた意味をまとめておきます。

  1. 海老
  2. 数の子
  3. 栗きんとん
  4. 黒豆
  5. 紅白かまぼこ
  6. 昆布巻き
  7. 田作り
  8. 伊達巻

海老

海老は、長いヒゲを生やして腰が曲がっていることから、腰が曲がるまで長生きできるという意味で、健康長寿の縁起物とされる食材です。海老には、良質なタンパク質が含まれており、低脂肪で糖質ゼロという特徴があります。

そして、高血圧予防、動脈硬化予防、肝機能強化などの健康効果が期待できます。

sponsored link

数の子

数の子はニシンの卵であり、たくさんの子を生むことから、子宝に恵まれたり、子孫繁栄を願う縁起物です。数の子は、血中のコレステロール値を下げ、生活習慣病を予防する効果が期待できます。

栗きんとん

栗きんとんは、黄金の塊を連想させるため、商売繁盛や金運アップをもたらす福食とされており、栗は「勝栗」として縁起の良い山の幸として知られています。

黒豆

まず、黒色は中国において、邪気を祓い不老長寿をもたらす色とされています。さらに、「黒豆のように真っ黒に日焼けするまで、マメに働けるよう健康でいる」という願いが込められています。

黒豆には、イソフラボン、アントシアニン、食物繊維、カリウム、鉄など数多くの栄養素が豊富に含まれており、健康効果の高い食材と言えます。黒豆には、以下の効能があり、医学や栄養学的にも健康食材なのです。

  • 血液サラサラ効果
  • アンチエイジング効果
  • ダイエット効果
  • がん予防
  • 糖尿病予防
  • 疲労回復
  • 心臓病予防

紅白かまぼこ

かまぼこは日出を象徴する食材であり、紅白の色について、紅はめでたさや慶びを、白は神聖さを表し、縁起がよい色の組み合わせとされています。かまぼこは、高タンパク質かつ低脂肪な食品であり、血行促進、美肌効果、制菌効果、疲労回復効果などが期待できます。

昆布巻き

昆布は、鎌倉時代頃から今日に至るまで「よろこんぶ」と呼ばれているように、昔から結婚式などのおめでたいことに使われてきました。そして、昆布の古名は「ヒロメ」であり、結婚披露宴のお披露目は昆布の古名が語源とされています。

昆布には、ビタミンB1、B2が豊富に含まれており、疲労回復を助ける働きがあります。他にも、便秘解消、高血圧予防、アレルギー改善などの効果があります。

田作り

たつくりは、五穀豊穣、家内安全などの願いを込めた料理であり、カタクチイワシの稚魚を干したものです。別名はごまめであり、昔は田植えをする際の肥料として使われており、たつくりを撒いた田んぼでは米が五万俵も取れたことから、五万米(ごまめ)と言われるようになりました。

尾頭付きの鯛は「めでたい」「腐っても鯛」と言われるように、祝いの席には欠かせない食材とされており、縁起の良い魚の代表格と言えます。鯛には、ビタミンE,B1,B6、カリウム、FHA,ナイアシンなどの栄養素が豊富に含まれており、コレステロール抑制、脳機能の活性化、血行促進などの効果があります。

伊達巻

まず、伊達は人目を引くなどの意味で使われる言葉であり、腫れの料理にふさわしい食材と言えます。さらに、巻物を連想させることから、学業成就の願いも込められているとされています。

sponsored link

素敵な彼女が簡単に見つかる話題のアプリ|今すぐ彼女が欲しいメンズは必見だ!

kappuru

「できることなら、彼女が欲しいけど、自分は奥手だから・・・」

「女友達は少ないし、毎日仕事が忙しくて出会いもない」

「街で声をかけるなんて、自分には恥ずかしくて絶対無理」

こんなふうに思って、彼女をつくることを諦めていませんか?

確かに、駅やショッピングセンターで「この女性いいな」と思っても 声をかけるのはかなり勇気がいりますよね。

「何、この人 と女性から気持ち悪がられたらどうしよう」

「冷たくあしらわれたら傷つくしな」

そう考えてしまって、一歩を踏み出せない男性は案外多いんですよ。



でも、大丈夫です。

もし、あなたがスマホをお持ちなら、これから紹介するアプリを使えば 簡単に理想の彼女を手に入れることができますから。

そう言うと、何だか胡散臭く感じてしまうかもしれませんね。



ただ、あるスマホアプリでは、毎日約10万組以上の 男女のマッチングが成立しているんですよ。

最近、AneCanやCLASSYなどの有名雑誌で紹介されて話題の タップル誕生というアプリは、毎日4500人が登録している 大人気の恋活アプリです。

kappuru

タップル誕生は、これまでに、2500万組のマッチングが成立していて 恋活アプリとして高い実績を誇っています。

とにかく登録者数が半端なく多いので これならあなたの理想とする女性に出会える確率もぐっと高くなります。



それこそ、街中でナンパなんて原始的なことをしている場合じゃないですよ。

もし、あなたが今すぐ可愛い彼女をつくりたいと考えているなら こちらからタップル誕生をチェックしてみてください!

公式ページ⇒タップル誕生の詳細をチェックしてみる