おみくじの正しい順位についてまとめておきます。「平」の順番についても解説しているので、初詣に出かける前にチェックしておきましょう。

おみくじの順位は各所で異なる

おみくじには、吉凶を7段階と12段階に順位付する考え方が一般的であり、それぞれの吉凶の順番は以下の通りです。

<7段階順位>

大吉・中吉・小吉・・末吉・・大凶

<12段階順位>

大吉・中吉・小吉・・半吉・末吉・末小吉・・小凶・半凶・末凶・大凶

ここで、おみくじの創始者である僧の慈恵大師良源が記した「元三大師御籤帳」によると、吉凶の80%は大吉、吉、凶で構成し、残りの20%は各所が自由に決めて良いと書かれています。そのため、吉凶を5段階や13段階に分類する神社もあり、順位付けが統一されていないのです。

さらに、同じ段階数においても、吉凶の順番が異なる場合もあります。例えば、6段階順位においては、以下の2通りの順位付けが存在します。

<6段階順位のパターン>

パターン1:大吉・中吉・小吉・吉・末吉・凶

パターン2:大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶

つまり、同じ6段階順位を採用している場合でも、神社によっては、中吉、小吉、吉の並びが異なるのです。さらに、おみくじの順番には「平」という順位を導入している神社もあり、まさに順位付けは混沌としています。

sponsored link

おみくじの「平」の意味

厳島神社や氷川神社などでは、おみくじの順位に「平」という順番を取り入れています。厳島神社では、「平」は凶でもなく吉でもないという意味であり、石清水八幡宮では大吉と同じ順位だと考えられています。

そのため、「平」の扱いは神社によって異なり、凶と吉の間にランクされている所もあれば、大吉の次に良い順番として扱われる場合もあります。

では、結局のところ、おみくじの吉凶判断はどうすれば良いのでしょうか?

おみくじの吉凶判断の結論

私からの提案としては、おみくじで吉凶判断する際には、大吉>吉>凶の3段階のみで判断し、平や中吉、小吉などは「吉」のカテゴリに含み、細かく順位付けしないことをおすすめします。


<シンプルな吉凶判断を推奨>

1位:大吉

2位:吉(平、中吉、小吉、半吉、末吉、末小吉などを含む)

3位:凶(小凶、半凶、末凶、大凶などを含む)


上記の吉凶判断であれば、「中吉と吉はどちらのランクが上なのか?」といった順位付けに頭を悩ませることから解放されます。

そもそも、本来のおみくじの目的は吉凶判断にあるのではなく、神様からのメッセージを真摯に受け取り、新年から気を引き締めて事にあたるとともに、毎日を誠実に生きる決意をすることにあります。

そのため、おみくじにおいて吉凶判断の結果に一喜一憂することは止め、神様からの忠告にしっかりと耳を傾け、自分の日頃の行いを省みる機会としましょう。

sponsored link

素敵な彼女が簡単に見つかる話題のアプリ|今すぐ彼女が欲しいメンズは必見だ!

kappuru

「できることなら、彼女が欲しいけど、自分は奥手だから・・・」

「女友達は少ないし、毎日仕事が忙しくて出会いもない」

「街で声をかけるなんて、自分には恥ずかしくて絶対無理」

こんなふうに思って、彼女をつくることを諦めていませんか?

確かに、駅やショッピングセンターで「この女性いいな」と思っても 声をかけるのはかなり勇気がいりますよね。

「何、この人 と女性から気持ち悪がられたらどうしよう」

「冷たくあしらわれたら傷つくしな」

そう考えてしまって、一歩を踏み出せない男性は案外多いんですよ。



でも、大丈夫です。

もし、あなたがスマホをお持ちなら、これから紹介するアプリを使えば 簡単に理想の彼女を手に入れることができますから。

そう言うと、何だか胡散臭く感じてしまうかもしれませんね。



ただ、あるスマホアプリでは、毎日約10万組以上の 男女のマッチングが成立しているんですよ。

最近、AneCanやCLASSYなどの有名雑誌で紹介されて話題の タップル誕生というアプリは、毎日4500人が登録している 大人気の恋活アプリです。

kappuru

タップル誕生は、これまでに、2500万組のマッチングが成立していて 恋活アプリとして高い実績を誇っています。

とにかく登録者数が半端なく多いので これならあなたの理想とする女性に出会える確率もぐっと高くなります。



それこそ、街中でナンパなんて原始的なことをしている場合じゃないですよ。

もし、あなたが今すぐ可愛い彼女をつくりたいと考えているなら こちらからタップル誕生をチェックしてみてください!

公式ページ⇒タップル誕生の詳細をチェックしてみる