時候の挨拶について、月別でまとめておきます。

1月のあいさつ

  • 鍋料理がひときわ美味しい季節になりました。
  • 冬晴れのひときわ鮮やかな空が広がっています。
  • 凍てつく夜空にオリオン座が輝いています。
  • 今年は格別の寒さのようです。
  • 凛とした寒さに身も心も引き締まる思いです。
  • 例年になくおだやかな新春を迎えました。
  • 乾燥した日が続き雨が恋しい毎日です。
  • 今年はなんと暖かなのでしょう。
  • すこやかに新春を迎えられたことと存じます。
  • 寒梅が咲き始めました。
  • 暖冬とはいえ夜は冷え込みます。
  • 早くも冬物のバーゲンセールが始まっております。
  • あまりの寒さにこたつから離れられません。
  • 銀世界の恋しい季節となりました。
  • 庭の水仙が寒さにふるえています。
  • 寒気がことのほか身にしみる季節となりました。
  • 吐く息も凍るほどの寒さです。

2月のあいさつ

  • 寒さのぶりかえしが身にこたえます。
  • スキーシーズンたけなわです。
  • ぼたん雪に春の気配がいたします。
  • 厳しい寒さもようやくゆるんでまいりました。
  • まだまだ寒い日が続いております。
  • 梅の蕾もようやくふくらんできました。
  • 南国からは春到来の便りも聞かれるようになりました。
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさと申します。
  • 沈丁花の香りに春の訪れを感じます。
  • 余寒なお身にしみる毎日です。
  • 立春とはいえ風はまだまだ冷たいようです。
  • 窓から注ぐ日の光も心なしか春めいてきました。
  • 街中ではチョコレートが飛び交う季節です。
  • 冷たい雨がとうとう雪になりました。
  • 暦の上では春でも、寒さがいちばん厳しい季節です。
  • さすがに日中は春めいてまいりました。
  • 雪柳の銀の産毛が日に輝いています。

sponsored link

3月のあいさつ

  • 卒業、入学準備に忙しくしております。
  • ようやく春めいてまいりました。
  • ひと雨ごとに暖かくなってくるようです。
  • 桃の節句も過ぎ、寒さも和らいできたようです。
  • 我が家の庭にもたんぽぽが顔を出しました。
  • 卒業シーズンを迎えております。
  • 日脚もすっかり伸びてまいりました。
  • 時ならぬ大雪に見舞われています。
  • ようやく春一番が吹きました。
  • 何かと慌ただしい季節となりました。
  • 彼岸の入りも過ぎたというのに肌寒い日が続いております。
  • そこここに春の気配が感じられるようになりました。
  • 朝晩はまだ暖房がほしい肌寒さを感じます。
  • 道行く人の服装に春の訪れを感じます。
  • 君子蘭の花が春の到来を告げています。
  • 桜の開花が待ち遠しい今日このごろです。
  • 花屋さんに色とりどりのチューリップが並んでいます。

4月のあいさつ

  • 音もなく春雨が降り続いています。
  • 我が家の猫も春の庭を楽しげに散策しています。
  • コートを脱ぎ、一気に身軽になりましt。
  • 花曇りのおだやかな日和が続いております。
  • お花見はもうお済みでしょうか。
  • 何もかも新しいスタートを切るこの季節です。
  • 明るい穏やかな春の日です。
  • 花見の季節となりました。
  • 街行くフレッシュマンの姿が清々しく感じられます。
  • うららかな春の日和が続いております。
  • 桜の花が見事に咲きこぼれています。
  • やわらかな日差しに眠気を誘われる季節となりました。
  • 春宵一刻値千金の季節となりました。
  • 葉桜の緑に春の深まりを感じます。
  • アネモネの花束に春の息吹を感じます。
  • たらの芽のほろ苦さに春を実感致します。
  • そろそろたけのこの美味しい季節です。

5月のあいさつ

  • 日中は汗ばむほどの陽気になりました。
  • 母の日を間近にしてカーネーションの花がいっぱいです。
  • 梅雨のはしりかと思われる雨模様が続いています。
  • 吹く風にも初夏の気配がいたします。
  • 爽やかな新緑に目が洗われるようです。
  • 新茶の香りもすがすがしく感じる今日このごろです。
  • 街中では半袖姿の人も見かけるようになりました。
  • 向暑の候
  • 初鰹に初夏の訪れが間近に感じられます。
  • 五月晴れのすがすがしい日々が続いております。
  • みずみずしい若葉に元気がみなぎってくるようです。
  • 風薫る爽やかな季節の到来です。
  • 五月雨に若葉の色がいっそう鮮やかです。
  • 暑からず寒からずの快適な季節です。
  • 新緑とつつじのコントラストが目に鮮やかな季節です。
  • 今年もバラが華やかな花をつけました。
  • 立夏も過ぎ祭太鼓の音が心地よく響いています。

6月のあいさつ

  • 朝顔のつるが元気よく伸びています。
  • 一日もはやい梅雨明けが待たれます。
  • 小夏の候
  • 日ごとに蒸し暑くなってまいりました。
  • 移り変わる紫陽花の色が美しく感じられます。
  • すっかり夜が短くなってまいりました。
  • ここ数日は梅雨も中休みといった晴天が続いております。
  • 今年は予想に反して空梅雨のようです。
  • 薄暑のみぎり
  • 店先に青梅が出回るころになりました。
  • 雨上がりの緑葉がまぶしい季節です。
  • 可憐なすずらんの鉢をみつけました。
  • じとじとした梅雨に気も沈みがちです。
  • 庭の紫陽花が日に日に色濃くなってきました。
  • 連日の雨にどうやら今年は本格的な梅雨のようです。
  • 今年もはや半年が過ぎようとしています。

sponsored link

7月のあいさつ

  • あまりの猛暑にめまいがしそうな季節です。
  • この暑さにあっても睡蓮の花が涼やかに咲いています。
  • 枝豆と生ビールのおいしい季節になりました。
  • 今年は照りつく太陽が恋しいほどの冷夏です。
  • 涼を求めて海に山に出かけたい今日このごろです。
  • 寝苦しい夜に昔ながらの風鈴が涼を運んでくれます。
  • じりじりと太陽が照りつける今日このごろです。
  • 待ちに待った夏休みがやってきました。
  • 連日の熱帯夜に少々夏バテ気味です。
  • ざっくりと割ったスイカの鮮やかな色に夏を実感します。
  • 梅雨明けとともに一気に夏がやってまいりました。
  • 夜空を彩る花火に一時暑さを忘れます。
  • 日傘が手放せなくなりました。
  • 冷房なしには過ごせない毎日です。
  • 冷房の効いたビルから一歩外に出るとなぜかホッとします。
  • 真っ白な入道雲にふっと幼いころの夏を思い出します。
  • 水辺が恋しい季節になりました。

8月のあいさつ

  • いったいいつまでこの残暑が続くのでしょう。
  • 赤とんぼの姿に秋も間近だと感じます。
  • いっこうに涼しくなりませんが、いかがお過ごしですか。
  • 夕立のあとは暑さもひと息つきます。
  • そろそろ夏の疲れが出てくる頃です。
  • 立秋を過ぎたとはいえ、まだまだ暑い毎日です。
  • 蝉しぐれの中で暑さに身を委ねるのも時にはいいものだと感じます。
  • 厳しい残暑に庭の草木もぐったりしております。
  • 秋立つとはいえ、秋の気配はみじんもありません。
  • さすがに朝晩は過ごしやすくなってきました。
  • 今夏も楽しい思い出をたくさん残されたことと存じます。
  • 高校野球の熱戦には暑さを忘れてしまいます。
  • 日脚もだんだんと短くなってまいりました。
  • 夏も終わりかと思うと少し寂しい気もいたします。

9月のあいさつ

  • コスモスが秋風にゆられています。
  • 残暑もようやく衰えてきました。
  • 人のいない海にちょっぴりブルーな気分です。
  • 今年の残暑はしぶといようです。
  • 高原はすっかり秋の装いです。
  • 二百十日もおだやかに過ぎています。
  • 朝晩は涼しいものの、日中はまだ暑さが残っています。
  • 今年は気候がよかったので梨ぶどうも豊作のようです。
  • お彼岸も過ぎだいぶ秋らしくなってまいりました。
  • 汗ばむものの空を見上げれば秋雲が広がっています。
  • 今年は台風の当たり年のようです。
  • 彼岸花がひときわ鮮やかに咲いています。
  • 日が落ちると上着が欲しいこともあります。
  • 台風一過の空は抜けるように青く澄み渡っています。
  • りんどうや女郎花に秋の訪れを感じます。

10月のあいさつ

  • いちだんと高い秋空が広がっています。
  • 銀杏の葉が黄金色に色づいています。
  • 金木犀の甘酸っぱい香りがどこからともなく漂い始めています。
  • 今年は秋刀魚も豊漁のようです。
  • さわやかな秋日和が続いております。
  • 秋もだいぶ深まってまいりました。
  • 虫の声がいちだんと賑やかになってまいりました。
  • 秋深く、冷気日ごとに加わりゆくこのごろです。
  • 行楽に格好の季節となりました。
  • 香り高い松茸に秋をしみじみと感じます。
  • 秋の日はつるべ落としと申します。
  • 秋の夜長をいかがお過ごしですか。
  • 今年の紅葉狩りはさてどこにいたしましょう。
  • 紅葉が野山を染めて秋もたけなわです。
  • 秋の味覚が出揃い、うれしい限りです。
  • 菊の香りも清々しいさわやかな季節になりました。

11月あいさつ

  • 真っ白な雪柳の花が今が盛りと咲いています。
  • うららかな小春日和に猫も気持ちよさそうにしています。
  • 何となく人恋しい晩秋の秋です。
  • 吐く息も白くなり冬が駆け足で近づいています。
  • 店先にぷっくりとした牡蠣を見かけるようになりました。
  • 冷たい雨にすっかり体も冷える季節となりました。
  • 日に日に冷気が厳しくなってきました。
  • そろそろコートが欲しくなってきました。
  • 急に冷え込むと思ったら、霜が降りていました。
  • 垣根の山茶花が咲き始めました。
  • 落ち葉のじゅうたんが美しい季節です。
  • 暖房が恋しい今日このごろです。
  • 街路樹の葉おすっかり落ち冬支度です。
  • 枯れ葉が風に舞う季節です。
  • ひだまりの恋しい季節となりました。
  • 晩秋の季節となり、冬支度に忙しい毎日です。
  • 七五三の晴れ着姿の親子連れが微笑ましいです。

12月のあいさつ

  • 冬至が近づき、四時を過ぎるともう暗くなってきました。
  • 今年もとうとう師走を迎えることとなりました。
  • 仕事に忘年会に忙しくなってまいりました。
  • 今年のカレンダーも残り一枚となりました。
  • 子どもたちは冬休みにクリスマスと楽しみがいっぱいのようです。
  • この冬は十数年ぶりの寒さと言われています。
  • クリスマスツリーのライトが夜の街を美しく彩っています。
  • 暖冬で過ごしやすいとはいえ師走の気分がいまひとつです。
  • 新年の準備に追われる毎日です。
  • 今年も慌ただしく年が過ぎていきます。
  • 吹きすさぶ北風に思わず衿元をかきあわせる今日このごろです。
  • クリスマスケーキを売る声もにぎやかに聞こえるようになりました。
  • 深紅のポインセチアが街を華やかに彩っています。
  • 冬枯れの庭に寒椿の赤がひときわ映えています。

sponsored link

素敵な彼女が簡単に見つかる話題のアプリ|今すぐ彼女が欲しいメンズは必見だ!

kappuru

「できることなら、彼女が欲しいけど、自分は奥手だから・・・」

「女友達は少ないし、毎日仕事が忙しくて出会いもない」

「街で声をかけるなんて、自分には恥ずかしくて絶対無理」

こんなふうに思って、彼女をつくることを諦めていませんか?

確かに、駅やショッピングセンターで「この女性いいな」と思っても 声をかけるのはかなり勇気がいりますよね。

「何、この人 と女性から気持ち悪がられたらどうしよう」

「冷たくあしらわれたら傷つくしな」

そう考えてしまって、一歩を踏み出せない男性は案外多いんですよ。



でも、大丈夫です。

もし、あなたがスマホをお持ちなら、これから紹介するアプリを使えば 簡単に理想の彼女を手に入れることができますから。

そう言うと、何だか胡散臭く感じてしまうかもしれませんね。



ただ、あるスマホアプリでは、毎日約10万組以上の 男女のマッチングが成立しているんですよ。

最近、AneCanやCLASSYなどの有名雑誌で紹介されて話題の タップル誕生というアプリは、毎日4500人が登録している 大人気の恋活アプリです。

kappuru

タップル誕生は、これまでに、2500万組のマッチングが成立していて 恋活アプリとして高い実績を誇っています。

とにかく登録者数が半端なく多いので これならあなたの理想とする女性に出会える確率もぐっと高くなります。



それこそ、街中でナンパなんて原始的なことをしている場合じゃないですよ。

もし、あなたが今すぐ可愛い彼女をつくりたいと考えているなら こちらからタップル誕生をチェックしてみてください!

公式ページ⇒タップル誕生の詳細をチェックしてみる