こんにちは、ダイスケです。

今回の必読の一冊は、ウェブデザインを基礎から学べる書籍を紹介します。こちらは、2004年に発行されたものであり、少し古いのですが、ウェブサイトのデザイン全般について学べる良書となっています。

ブログやサイトを作成するうえで、デザインはユーザーが最初に目にするものであり、そのサイトの印象を決める重要な要素となります。そのため、適当に設計するのではなく、色彩工学や心理学を学んだ上で、戦略的にユーザーに響くデザインにする必要があります。

この書籍では、デザインの設計事例が豊富に紹介されており、画像付きで丁寧な説明がなされているため、この本を読めば中学生でもサイトをデザインできるようになることでしょう。この書籍に限らず、これからブログやサイトを運営する予定の方は、ウェブデザインの書籍は1冊持っておいて、損はないはずです。

適当に配色してデザインしているサイトと色彩工学などに基いて、論理的に設計されたサイトとでは、読者に与える印象が大きく異なります。特に、ブログで集客したり、ファンを増やそうと考えている人は、サイト全体の配色を1つのコンセプトに基いて統一するとともに、細部まで手を抜かずに設計することが重要となります。