こんにちは、ダイスケです。

今回紹介する必読の一冊は、「文書の書き方」という書籍です。

この本は、様々なビジネスシーンや生活シーンにおいて役立つ文書のモデルが豊富に紹介されています。

例えば、ビジネスの場面では、以下のように多くの種類の文書を書く機会があり、20代の若手サラリーマンの場合、初めて耳にする文書もいくつかあるはずです。

欠勤届、休暇願、遅刻届、休職届、復職届、変更届、結婚届、転勤願、通知、案内、報告書、日報、伺い書、理由書、始末書、顛末書、進退伺、退職届、依頼状etc

始末書や顛末書などは、できれば一度も書くことなく、サラリーマン生活を終えたいものですが、ちょっとした不注意や気の緩みなどから、会社に迷惑をかけたり、損害を与えたりすることは、誰にでも起こりえます。

そのような、不測の事態において、慌てふためくことのないよう、今からビジネス文書の書き方やモデルパターンを知っておくことはとても大切なことです。

この本では、様々なビジネス文書の書き方と例文が、豊富に紹介されているので、この一冊を持っておけば、ビジネスシーンでの文書作成に困ることはありません。私も、会社の自分のデスクにこの本を置いており、文書作成時にはモデルパターンに当てはめて作成するようにしています。

そのため、文書作成時間を短縮できるようになり、業務効率が飛躍的に高くなりました。

そのため、20代のサラリーマンにはおすすめの一冊と言えます。