こんにちは、ダイスケです。

今回のライター失敗談は、私ダイスケが担当致します。

少し前に、フォトリーディングのお話をしましたが、あの書籍を読んでから、本を読むスピードは大切だと改めて痛感しました。

フォトリーディングを意識するまでの私は、本を読むときに明確な目的、目標を持っていなかったため、本を読むのに膨大な時間がかかっていました。

さらに、1冊読みきったころには、最初の方のページに書かれていた内容など、すっかり頭から消え去っていました。

あなたも、このような経験はありませんか?

 

本を読む際には、その目的、目標に合った読み方が重要です。

つまり、読書した結果、何を得たいのかということを予め明確にしておくのです。

例えば、ざっくり要点をつかめればよいのか、問題を解決するためのヒントや詳細が知りたいのか、仕事のアイデアを探しているのかなど、目的が異なれば、読み方も異なります。

単に読み物として読んでいるのであれば、詳細を理解する必要はなく、全体の概要が分かればよいので、キーワードのみを目で追っていけばよく、精読しなくてもよいのです。

また、精読が必要な場合でも、その本において要点が書かれているのは、全体の20%程度と言われています。そのため、この20%はじっくり読み、残りの精読が不要な箇所は、スピードを上げて、読んでいくことで、読書時間を短縮できます。

上記を意識して、本を読むようにしてから、1冊を読み終える時間が半分以下に短縮できたのです。

1冊を読み終えるまでに時間がかかっている人は、まずは読書目的を明確にし、要点だけを精読する意識を持ちながら、本を読んでみてはいかがでしょうか。