柏餅の由来や意味についてまとめておきます。

「なんで、こどもの日に柏餅を食べるの?」

子どもから、純粋無垢な瞳でこのような質問を投げかけられたとき、分かりやすく説明できるように、柏餅の由来や柏餅に込められた意味を理解しておきましょう。

柏餅の由来と意味

端午の節句に柏餅を食べるようになったのは、九代将軍の徳川家重から十代将軍の徳川家治の頃だと言われています。

江戸時代に俳人として有名だった齋藤徳元がまとめた書物「拝諧初学抄」において、1641年のものには5月の季語として「柏餅」が記載されていませんでした。

ところが、1661年から1673年にかけて成立した「酒餅論(しゅべいろん)」では、5月の季語として柏餅が紹介されていたからです。

そのため、柏餅が端午の節句の食物として定着したのは、1641年以降だと考えられます。

 

次に、端午の節句に柏餅を食べるようになった理由について説明します。

古代より柏の葉は、神様へのお供え物を盛るための器として使われており、柏の木は神聖なものとされていました。また、柏は、冬を越えて、次の新芽が出るまでは古い葉が落ちないという特性があります。

このことから、「家を継ぐ子どもが生まれるまでは、親は死なない」、「跡継ぎが絶えない」と考えられ、子孫繁栄の意味が込められるようになりました。

また、江戸時代当時は乳児の死亡率も高く、家系の存続が至上命題だった武家にとっては、柏餅はとても縁起のよい食物だったのです。

その後、柏餅は武家だけでなく、庶民の間でも端午の節句の食物として定着し、現在に至ります。

sponsored link

ちまきの由来と意味

さて、端午の節句の食物としては、柏餅の他にちまきが有名です。

実は、ちまきは、端午の節句とともに平安時代に中国から日本へと伝わりました。そのため、端午の節句の食物としては、柏餅よりも歴史が古いのです。

 

5月5日は、紀元前200~300年頃に活躍した楚(そ)の国の高名な詩人であり、政治家でもある屈原の命日です。屈原は、当時の人々から慕われていましたが、陰謀によって国を追われることになり、あるとき川に身投げをして亡くなったのです。

人々は、彼の死を悲しみ、ちまき(当時はちまきの原型となる食べ物)を川に流して、弔いました。その後、時代が進むにつれて、5月5日には節物としてちまきを作り、親戚や知人などに配るという風習が生まれたのです。

これが、端午の節句にちまきを食べるようになった由来とされています。そして、この風習は端午の節句(5月5日)だけでなく、災厄を祓う宮中行事でも行われるようになりました。

そのため、端午の節句にちまきを食べるのは、病気や厄災を避けるという意味合いが強いのです。

sponsored link

関東では柏餅、関西でちまきが食べられる理由

端午の節句とちまきがセットで日本に伝来したのは平安時代であり、この当時は日本の中心が京(関西)にありました。そのため、中国の文化は最初に関西地方で浸透し、受け継がれていくこととなります。

そのため、最初は端午の節句の食物としてはちまきが定着していました。ところが、江戸時代に入ると、日本の中心は関東へと移り、武家文化が民衆の間で広がるようになります。

当時は、武家を中心に、端午の節句には縁起の良い柏餅がこぞって食べられていたため、将軍のおひざもとである江戸(関東圏)では、民衆の間で端午の節句の食物として柏餅が広がります。

一方で、関西では伝統を重んじる風潮があったため、その当時のトレンドとなっていた柏餅ではなく、古くから端午の節句の食物として定着していたちまきが好んで食べられていたのです。

柏餅の葉の巻き方の違いについて【豆知識】

柏餅では、小豆あんと味噌あんが有名ですが、実は葉の巻き方の違いで見分けることができます。

つるつるとした葉の表を外にして巻いているのが小豆あんであり、ザラザラした葉の裏を外にして巻いているのが味噌あんとなります。

その他こどもの日の食物

あくまき

こどもの日の食物としては、柏餅とちまきが有名ですが、九州地方では「あくまき」と呼ばれる和菓子を食べる風習があります。

あくまきは、もち米を灰汁で炊いたものであり、そのままでは無味なので、砂糖を混ぜたきな粉や黒砂糖、黒蜜、砂糖醤油などをかけて食べるのが一般的です。

sponsored link