父の日に送るメッセージカードの文例を紹介します。

父親に感謝の気持ちを表す日である「父の日」は、毎年6月の第3日曜日です。母の日に比べて、忘れがちな「父の日」。

本当は、家族のために頑張っているお父さんですが、見えづらいのかもしれませんね。

 

父の日は、アメリカ合衆国ワシントン州に住む、ソノラ・スマート・ドットが、父親に感謝をする日も作って欲しいと声を上げたのが始まりです。男手一つで育てたソノラさんのお父さんは、奥さんに先立たれ、再婚することなく、働き詰めで、6人の子どもを一人で育て、子どもが成人する頃に亡くなられたのです。

 

「育ててくれたお父さんに心から感謝する」ソノラさんの、本当に心がこもった思いから始まったという素敵なエピソードがある日です。父親や夫が、実はいつももってくれている愛情や苦労を、見えにくいところまで見て、感謝の気持ちを伝えたいですね。

 

ちなみに、父の日の花は、「バラ」。これも、ソノラさんが、お父さんのお墓に手向けていたことからきています。

今年の父の日は、バラやメッセージカードに、感謝の気持ちを込めてはどうでしょうか。

sponsored link

メッセージカードの文例を紹介

短い文に、自分の思いを濃縮して表せるのが、「メッセージカード」です。お父さんをイメージして、カードを選んだり、手作りしたりすることも、ぜひ楽しんでくださいね。

それでは、メッセージカードの例文を紹介します。

小さなお子さんからお父さんへ向けて

【文例1】

パパへ

いつもおしごとしてくれて、ありがとう!

パパとおふろにはいるのが、だいすきだよ!

またあわぶくぶくであそぼうね。

【文例2】

お父さんへ

お父さん、いつもお仕事をがんばってくれて、ありがとう。

お父さんは、大きな橋をつくっていて、かっこいいです。

ぼくはお父さんみたいに、橋をつくる人になりたいです。

 

遠方に住むお父さんへ向けて

お父さん

離れて住んでいると、私はお父さんに守られて育ってきたんだなあと、とても感じます。

お父さんは、私のヒーローです!

いつまでも元気でかっこいいお父さんでいてください。

 

妻から夫へ向けて

パパへ

いつも笑顔で「ただいま!」と言ってくれるたびに、幸せを感じます。

私もあなたの幸せのもとになれるように、頑張りますね!

いつもいつもありがとう!!

sponsored link

手紙の例文を紹介

いつもはなかなか書けないけれど、改めてじっくりと手紙を書くのもいいですね。もらったお父さんは、書いてくれたということを考えただけで、感動すると思いますよ。


お父さんへ

お父さん、長年の勤務、本当におつかれさまです。

日曜日になると、いつも思い出します。子どもの頃、必ずどこかへ連れて行ってもらっていたことを。

自分が働いている今、あの頃のお父さん、どれだけ疲れていたか、どれだけ体を休ませたかったかと、思います。だって、私は、休みの日はいつもゴロゴロとしてしまうから・・・。

 

自転車公園や買い物、冬にはいつもスケートに行きましたね。お父さんがいつも楽しませてくれたから、私には、思い返すと、うきうき・わくわくするような思い出がたくさんあります。

 

お母さんとはぶつかってばかりの私を、いつも支えてくれたのはお父さんでしたね。高校受験や大学受験、就職のときに、不安でいっぱいになっている私を支えてくれたこと、本当に感謝しています。

お父さんが、いつも味方してくれたから、信じてくれたから、自分の道を見つけてこれたのだと思います。どうもありがとう。

 

間もなく母になる私は、また不安でいっぱいです。不安でいっぱいだけど、「大丈夫!」と思える自分もいます。だって、自分が子どもの頃を思い出すと、とても幸せを感じるから。お父さんのように子どもを育てれば、きっと私の子どもも「幸せ」を感じてくれるはずと思います。

 

そうはいっても、これからもまだまだお世話になりそうです。実家に帰ったきには、また甘えさせてくださいね!

これからは、少し生活のペースをおとして、体を大切にしながら、趣味の時間をたっぷり楽しんでください。

お父さんへ 心から感謝の気持ちを込めて ○○(名前)


 

お父さんのいいところ、大好きなところ、実は頑張っているところなどなど、改めて見つけて、素敵なメッセージを送ってあげてくださいね。そのメッセージが、きっとお父さんのパワーになりますよ!

sponsored link