sponsored link

2018年「三社祭」の日程や見どころについてまとめておきます。

※最新情報が入り次第、追記します。

三社祭の基本情報

まずは、三社祭の基本情報について確認しておきましょう。

【日程】

2018年5月13日~5月15日(予定)

※以前は、5月20日から5月22日に開催されていましたが、今年は日程が1週間早くなっているので、参加される方は日程を間違えないよう注意してください。

【スケジュール】

<5月12日>

19:00 本社神輿神霊入れの儀

 

 

本社神輿神霊入れの儀は、神輿に浅草神社の御霊を移す儀式です。

<5月13日>

13:00 大行列

 

 

14:20 びんざさら舞

 

 

<5月14日>

12:00 町内神輿連合渡御

 

 

<5月15日>

6:00 宮出し

 

 

本社神輿各町渡御

 

【場所】

東京都台東区浅草2-3-1

 

東京都台東区浅草2-3-1

【アクセス方法】

地下鉄/東京メトロ銀座線浅草駅から徒歩7分
地下鉄/都営地下鉄浅草線浅草駅から徒歩7分
東武線浅草駅から徒歩7分
つくばエクスプレス浅草駅より徒歩10分

【問い合わせ】

浅草神社 tel 03-3844-1575

sponsored link

神輿の順路

さて、ここからは、三社祭のメインイベントでもある本社神輿各町渡御の順路(ルート)について紹介します。まず、神輿は一之宮、二之宮、三之宮の3基があり、これらが西、南、東と分かれて、浅草をねり歩きます。

2018年の順路マップは、公表されていないので、過去のものを参考に紹介しておきます。

【一之宮】

一之宮の順路マップはこちら

【二之宮】

二之宮の順路マップはこちら

【三之宮】

三之宮の順路マップはこちら

最後に、三社祭の交通規制についてまとめておきます。

交通規制について

交通規制図

三社祭では、3日目の5月15日に交通規制が敷かれ、馬車通り、雷門通り、並木通りの車両通行が制限されます。

三社祭は、3日間で150万人の人出が見込まれており、浅草神社周辺の道路は観光客で埋め尽くされており、周辺道路も大渋滞となります。

そのため、マイカーではなく、電車で最寄り駅まで移動し、そこから徒歩で会場に向かった方がよいです。

sponsored link

素敵な彼女が簡単に見つかる話題のアプリ|今すぐ彼女が欲しいメンズは必見だ!

kappuru

「できることなら、彼女が欲しいけど、自分は奥手だから・・・」

「女友達は少ないし、毎日仕事が忙しくて出会いもない」

「街で声をかけるなんて、自分には恥ずかしくて絶対無理」

こんなふうに思って、彼女をつくることを諦めていませんか?

確かに、駅やショッピングセンターで「この女性いいな」と思っても 声をかけるのはかなり勇気がいりますよね。

「何、この人 と女性から気持ち悪がられたらどうしよう」

「冷たくあしらわれたら傷つくしな」

そう考えてしまって、一歩を踏み出せない男性は案外多いんですよ。



でも、大丈夫です。

もし、あなたがスマホをお持ちなら、これから紹介するアプリを使えば 簡単に理想の彼女を手に入れることができますから。

そう言うと、何だか胡散臭く感じてしまうかもしれませんね。



ただ、あるスマホアプリでは、毎日約10万組以上の 男女のマッチングが成立しているんですよ。

最近、AneCanやCLASSYなどの有名雑誌で紹介されて話題の タップル誕生というアプリは、毎日4500人が登録している 大人気の恋活アプリです。

kappuru

タップル誕生は、これまでに、2500万組のマッチングが成立していて 恋活アプリとして高い実績を誇っています。

とにかく登録者数が半端なく多いので これならあなたの理想とする女性に出会える確率もぐっと高くなります。



それこそ、街中でナンパなんて原始的なことをしている場合じゃないですよ。

もし、あなたが今すぐ可愛い彼女をつくりたいと考えているなら こちらからタップル誕生をチェックしてみてください!

公式ページ⇒タップル誕生の詳細をチェックしてみる