お盆の送り火がいつかご存知ですか。

今回は、お盆に行う送り火の日にちや時間についてまとめておきます。

みなさんお盆に「送り火」をしていますか?

 

我が家では、行わないのです。お盆と言えば、お墓参りに行きます。

田舎にいた祖父は、昔ナスで牛を作っていましたが「なんだろう?」と思っていました。

家の近所でも、昔からの地主さんはお墓が近所にあり、お盆に迎え火・送り火をしているようで、「迎え火・送り火」という言葉は聞いたことがありました。

 

観光気分で京都や奈良の「大文字焼き」を見に行ったことがありますが、それも送り火なのですね。

私にとってはちょっと曖昧な「送り火」について、今回は探っていきたいと思います!

sponsored link

お盆の送り火の日にちと時間

聞いたことはある「送り火」ですが、どんな意味なのでしょう?

お盆には、ご先祖様があの世から帰ってきてくれますね。その時に、「ここに帰ってきてね」と、帰ってくる場所が分かるように目印にするのが、「迎え火」です。

「送り火」はその逆です。お盆の間に一緒に過ごしたご先祖様が、あの世への帰路を迷わないように、そしてまた来年会えることを願って送り出すのです。

 

お盆の期間は7月と8月のところがあります。それは地域やお寺によって違うので、送り火の日もそれによって変わってきます。

お盆が7月にしても8月にしても、盆終わりの15日か、盆明けの16日の夕方に行います。

*7月の場合は、7月15日か16日の夕方

*8月の場合は、8月15日か16日の夕方

sponsored link

お盆の送り火のやり方

さあ、いよいよ送り火のやり方です。

◯お墓までご先祖様を送る

本来は、盆入りの時にお墓までご先祖様を迎えに行ってお家に連れてくる、そして盆終わりにお家からお墓まで送りに行っていました。

もちろん、この方法で行っているところもあります。ですが、現代はなかなか近くにお墓がないので、形が変わってきています。

本来のやり方は、提灯に火を灯して玄関先からお墓の前まで行き、お墓の前で黙祷してから火を消します。

 

この方法も最近は、玄関先で提灯に火を灯して、消火し、お墓の前に着いたらまた提灯に火を灯して合掌をした後に消火するという方法に変わってきています。

◯玄関先でご先祖様を送る

最近一般的なのは玄関先や門口で行う方法です。

焙烙(ほうろく)という素焼きの平皿におがら(麻の皮を剥いだあとに残る芯の部分)をのせて燃やします。

麻は、昔から清浄な植物として扱われてきました。麻を使うことで、悪いものを祓い清められる、燃やすことで清浄な空間を作り出せるというふうに考えられています。

 

焙烙は、耐熱の平皿を代用しても大丈夫ですが、焙烙もおがらも、ホームセンターや花屋、ネットで買うことができます。

この火や灰になったおがらを、「またぐ」地域もあります。家の玄関から外に向けて3回またぐなど、それぞれの決まりがあります。

またぐことで、「無病息災」につながると考えられてきました。

◯仏壇の前に提灯を飾って送る

先にお知らせした方法は、お墓が近くにあったり、火を灯すことができる一軒家などであったりする必要がありますね。

アパートなどだと、火をつけて、近隣の人に迷惑をかけたら大変です。 そんな場合は、室内に飾れる「提灯」が、電気なので安全でいいと思います。

お盆の間、灯します。いろいろなデザインがあるので、故人を思って選ぶとご先祖様も喜ぶと思いますよ。

 

他にも、なすで作った牛(ご先祖様をのせてゆっくりとあの世へ連れて行ってくれる)を作りそれを送り火の時に燃やすなど、地域や宗教などによって、方法はそれぞれです。

できるかぎり、その習慣にそって行うことがいいと思いますが、「送り火を準備したり行ったりする時間がない」「お盆の期間は仕事が忙しい」など、思うようにできない状況もあると思います。

何より大切なのは「先祖様を思う心」「先祖様に感謝する心」だと思うので、自分ができること(時期をずらして行う、お墓参りに行くなど)をするようにして、思いを届けましょうね。

 

無理をし過ぎることではなく、気持ちを表すことが、ご先祖様も喜ぶことになると思います。

sponsored link