目の下にしわができる原因と改善方法について紹介します。

久しぶりに会った友達の顔を見て「この子も歳をとったなー」と思ってしまうことがあります。それは以前にはなかった「しわ」が見えたときです。

目を見て話をするので、特に「目の周りのシワ」は気になってしまいます。

 

「あれ?わたしは?」と思い、鏡で自分のことを見てみると「しわが増えている!!」のです。同じように歳を重ねているのだから、当たり前ですよね。

普段バタバタと化粧をしているだけだと、自分の顔をじっくりと見ていないってことはありませんか!?

私は忙しく働いていて、退職した後、時間に余裕があり鏡でじっくりと見てみてびっくりしました。シワもシミも増えていたのです。

 

人のことを気にしていて、自分のことをよく知らなかったということがあるかもしれません。

今回は、その目の下にできるしわの原因と改善方法についてお話します。

大丈夫です。もしも「しわ」があっても、改善の方法があるのです。怖がらずに現実を見て、改善できるように取り組んでみましょう。

sponsored link

目の下にしわができる原因

若い頃はなかった目の下のしわは、どうして出来てしまうのでしょうか?

目の下のしわには大きく分けて2つの種類があります。

◯浅いしわ  と

◯深いしわ   です。

 

[浅いしわ]

浅いしわは、「乾燥」が原因でできます。なので、水分が含まれると目立たなくなります。

お風呂あがりやスキンケア後は目立たなくなるのがこのしわです。

目の周りの肌は非常に薄い上に、皮脂分泌がとても少ない、更に、目は瞬きなどとても動きがあるところです。なので、とても乾燥しやすいのです。

 

[深いしわ]

深いしわは、肌の深いところ真皮のしわです。真皮のハリがなくなったことで、できます。

このしわは、もともとは笑ったり泣いたりするときにできる、表情の変化によるしわなのですが、それがいつの間にか、しっかりとしたしわになってしまうのです。

若いときは、肌にはりも潤いもあるので、顔に線が入ってもしわにはならないのですね。

 

何かの上で寝てしまい顔に痕がついても、昔はすぐに戻ったのに、最近は「まだある!!」と驚いたことはありませんか?

これも、しわの原理と同じです。若い肌には弾力があるので、痕がついてもすぐに戻ります。

しかし、歳をとると肌にハリがなくなるので、沈んでしまった肌がなかなか戻ってこないのです。

 

では、なぜ真皮のハリがなくなってくるのでしょうか?

それは、「紫外線」と「老化」です。

紫外線は、コラーゲンを作る真皮芽細胞にダメージを与えるので、コラーゲンやエラスチン(コラーゲンをつなぎとめているもの)がつくりにくくなってしまいます。

 

また、老化から、コラーゲンをつくるペースが落ちたり、エラスチンがこわれたりします。

そのため、肌が硬くなり、弾力がなくなり、しわができてしまうのですね。

この他にも、「目が疲れる」ことでもしわができます。

 

例えば、パソコンを長く使ったり、コンタクトレンズを長時間使ったりすると目が疲れますね。携帯電話・スマートフォンの見過ぎで疲れている人は、今たくさんいると思います。

また、アイメイクを落としきれてなかったり、クレンジングのときにゴシゴシとこすったりすることも、目や目の周りの肌の負担になりしわの原因になります。

アイメイクは、専用のクレンジング剤をコットンに含ませ、軽く当てて浮かせるようにしてとるようにしましょう。

sponsored link

目の下のしわを治す方法

目の下のしわができる理由が分かりましたね。理由が分かると、しなければならないことも見えてきますね。

始めは浅いしわでも、そのままにしていると深刻化していきます。気がついたら、できるだけ早くケアを始めましょう。

 

<保湿をする>

まずは、「保湿」が大切です。目の周りの肌はとにかく乾燥しやすいです。

通常のスキンケアだけでは潤いが足りません。

たっぷりの水分と栄養を与えてあげることが大切です。

 

◯保湿パック:顔を清潔にした後、コットンに化粧水をたっぷりつけたものを、目の下  や目尻の上に置きます。(3〜5分)

 

◯目元専用クリーム:たっぷりと潤ったところで、水分が蒸発してしまわないように、そして栄養を入れられるように乳液やクリームでカバーします。

普通の乳液やクリームでもいいですが、できれば「目元専用クリーム」がおすすめです。目の周りの肌に必要な保湿成分(セラミド・ヒアルロン酸・アミノ酸・コラーゲン・グリセリンなど)  が入っているからです。

 

目の周りの皮膚はとても薄いので、刺激を受けやすく、それがまたしわやたるみの原因になってしまいます。やさしくケアしましょう。

目元専用クリームにもいろいろあります。セラミドなど、保湿成分は原価が高いものです。

なので、あまり安いものは必要な成分が入っていないか、入っていてもとても少ないことが予想されます。(添加物ばかり入っているものも、もちろんダメです)

 

質のよいものを選ぶようにしましょう。また、やさしくケアできるように、伸びがいいものがいいです。

 

<マッサージをする>

肌にハリを与えるには、血行がよいことが大切です。血行がよくなると、血液が栄養分を運びやすくなるので、肌細胞が活性化して、元気な肌を取り戻してくれます。

何度も言いますが、目の周りの皮膚はとても薄いので、やさしくマッサージするようにしましょう。

 

◯マッサージクリーム又はオイルをつける:何もつけないままマッサージをすると、過剰な負担がかかってしまいます。必ず、指がすっと動くようにクリームかオイルをつけましょう。

手のひらで温めてから塗ると、柔らかくなります。

 

◯こめかみをプッシュ:中指と薬指の腹をこめかみに置き、やさしく手前にくるくると回します。数回回したら、やさしくプッシュします。

目の疲れ、血行もよくなります。

 

◯目の下をパタパタ:目の下の涙袋のあたりを、人差し指・中指・薬指でやさしくぱたぱたと動かします。血行がよくなります。

 

◯目の周りを押す:目の周りにある骨(まゆのところから目の下にある)を軽く押していきます。血行がよくなり、視界もはっきりします。

 

◯瞳子りょう(どうしりょう)を押す:目尻から約1cm外側のところにあるくぼみを中指で軽く押します。目の下のむくみをとり、乾燥を防いでくれます。

 

スキンケアと言うと、お風呂あがりや夜寝る前にすることが多いですよね。ですが、「乾燥」は24時間いつでも起きます。

ぜひ、昼間も保湿をするようにしましょう。

お化粧を全部とって保湿をするのが一番いいですが、それはなかなか難しいですよね。大丈夫です!お化粧の上からでも塗れるアイケアクリームがあります。

 

仕事の合間や家事の合間にちょっと塗ったり、軽く目の周りのつぼを押したりするだけで、結果が出てきますよ。

ちょこっと、ちょこっとでも時間をつくってケアをして、綺麗になりましょうね!

sponsored link