正しい油の捨て方についてまとめておきます。

サクッとした油物を身体が求めるとき、ありますよね。「どうしても油物が食べたい」と思い始めると、絶対に食べたいと思ってしまいます。

お惣菜を買うこともできますが、やっぱり揚げ物は揚げたてが一番です。

 

でも「今晩は、揚げ物にしようかな」と思っても、「使った後の油の処理が分からないから・面倒だからやめようかな」と思ってしまうこともあると思います。

中には使った後の油をどう処理していいか分からなかったり、面倒くさかったりして、調理をしない人、油を流しにそのまま流す人もいます。

流しに油を流すと、排水管が詰まるだけでなく、環境破壊の原因になります。

 

美味しい油物を食べるために、環境破壊をしないために、正しい油の捨て方を知ることは大切ですね。

今回は油の捨て方についてお話します。

sponsored link

油を捨てる前に

一度使った油はよっぽど汚れていない限り、保存しておけばまた使えます。

お店で油専用の入れ物を購入してもいいですし、瓶などにいれてもいいです。

保存しておいた油は、また揚げ物に使ってもいいですが、私は普段の炒め物の料理の時に使うようにしています。

 

揚げ物に使いたい時には、新しい油も少し足して使うようにします。新しい油を入れることで、焦げにくくなります。

こんなふうに、再利用が可能です。

では、どんな時に捨てなければならないかについてお話します。

 

油の臭いを嗅いだ時に嫌な臭いがしてきたり、細かい泡がでるようになったりと、普段使っている油の状態と違う状態になったら、捨てるサインです。

これは油が劣化、酸化しているのです。

まだ開けていない油であっても、消費期限が過ぎていたら、捨てたほうがいいですね。

 

一度開けた油は、消費期限を過ぎていなくても酸化していきます。

消費期限を確認するとともに、臭いなどの状態を確認するようにしましょう。

では、このような状態になったら、どのようにして捨てたらいいかお話します。

 

油固形剤を使う

油を処理したくない理由として、一番に上げられるのは「面倒である」ということだと思います。

一番簡単な方法は、「油固形剤」を使うことです。ドラッグストアーやスーパーマーケットなどで購入できます。

商品ごとの取り扱い説明書をよく読み、使いましょう。

 

多くのものは粉状の薬が入っていて、それを油に入れるだけで固まり、そのまま可燃ごみで捨てられるようになっています。

面倒で油を使いたくないという人にはオススメです。ぜひやってみてくださいね。

簡単に処理できますよ。

 

牛乳パックを使う

私はこの方法、牛乳パックを使う方法で処理しています。もちろん、牛乳パックでなくても、ジュースの紙パックでもいいです。

要は、飲み物など水分が入っていた紙パックです。

破けていないかぎり油も通しにくいので、おすすめです。

 

油凝固剤は簡単ですが、こちらの方法は家にあるもので処理できるので、便利ですよ。お金もかかりません。

「準備が面倒」だと思うのであれば、時間があるときにこれからお話する処理セットを作っておくといいと思います。

作っておけば、あとは油を入れるだけですから。

 

  1. 使い終わった紙パックを洗い干しておきます。
  2. 紙パックの中に、新聞紙や布など油を含むことができるものを入れます。※1
  3. 使い終わった油を新聞紙や布にしみ込ませます。
  4. ガムテープなどでしっかり口をふさぎます。

 

※1:この時に、新聞紙や布を水で少しぬらすようにしましょう。気温が高い日だと自然発火する可能性があるからです。

 

ここまでできたら、できるだけ早く捨てるようにしましょう。

自然発火、紙パックからの油漏れなど、問題が出てくることもあるからです。

sponsored link

袋を使う

レジ袋やポリ袋などを使います。紙パックが家にないときに便利です。

どのように油を入れるかは、紙パックの方法と同じで、新聞紙や布などを入れます。

注意しないといけないのは、穴が空いていないか確認することです。

 

特にレジ袋は、薄い物が多く漏れてくる場合もあります。

袋を二重にして使うことをオススメします。

 

小麦粉や片栗粉を使う

液体のまま捨てるのに抵抗がある人にオススメです。

 

  1. 捨てたい油の量と同じ量の小麦粉か片栗粉を用意します。
  2. 油が温かいうちに、小麦粉か片栗粉を入れます。
  3. 冷えてくると、どろっとした固形になります。
  4. 袋に入れて捨てましょう。

 

このようにして、油を捨てる準備をします。

ではそのゴミ、どうやって捨てましょう?

 

それは自治体によって異なるので、確認してください。多くは可燃ごみで大丈夫だと思います。

中には、廃食用油リサイクルをしている地域もあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

油の処理の仕方、少し簡単に思えてきたら嬉しいです。

正しい方法で行い、決して環境を壊すことはしないようにしましょうね。

 

今回は捨てることを前提にお話しましたが、油を使って石鹸やロウソクを作るという方法もあります。

工夫して使うのも楽しいと思います。

油を上手に付き合っていきましょうね。

sponsored link