sponsored link

夏といえば花火大会ですよね。

関東でも毎年たくさんの花火大会が開催されます。

その中でも観客動員数日本一と人気の江戸川区花火大会について、楽しむための情報をまとめてみました。

今回は、2018年の江戸川区花火大会の屋台や場所取り、有料席に関する情報について紹介します。

 

◆2018年の江戸川区花火大会の基本情報

「江戸川区花火大会」は東京都江戸川区と千葉県市川市の「市川市民納涼花火大会」との共同開催になります。

江戸川区側90万人、市川市側49万人、合わせて139万人と観客動員数日本一を記録しました。

人が多く集まるということはそれだけ魅力がある花火大会という事になります。

エキサイティング花火と名のつく通り、見ている者をあっと驚かせるような迫力ある演出や、BGMと合わせた凝った構成で最初から最後まで目が離せません。

名物となっている5秒で1000発打ち上げるオープニングは一見の価値ありです。

 

開催日 2018年8月4日(土)

小雨決行、荒天時は次の日の8月5日に延期の予定

打ち上げ時間 19:15~20:30
会場 江戸川河川敷
アクセス 【江戸川区側】

JR総武線 「小岩駅」徒歩25分、都営新宿線 「篠崎駅」徒歩15分

京成線 「京成江戸川駅」徒歩25分

※「小岩駅」「篠崎駅」は大変な混雑が予想されています

【市川市側】

JR総武線「市川駅」徒歩15分、「本八幡駅」徒歩30分

京成電鉄「国府台駅」徒歩20分、「市川真間駅」徒歩20分

打ち上げ数 1万4000発

 

 

打ち上げ場所や会場周辺の地図は以下を参照願います。

【江戸川区側】

 

 

出典:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/access/koiwa_annai.html

 

 

【市川市側】

  出典:http://www.ichikawa-hanabi.jp/

 

◆屋台の出店情報

 

江戸川区花火大会は大変混雑するので、江戸川区側には屋台が少なくなっています。

会場付近にはありません。会場まで行く道の途中には屋台がならんでいるので、最寄り駅から会場に向かう途中で屋台に寄りながら歩く形になります。

市川市側には土手沿いにも屋台が並んでおり、駅から会場に向かう道にも屋台が並んでいます。

土手沿いでお祭り屋台を楽しみたいのであれば市川市側をおすすめします。

大体、屋台が出だすのがお昼頃からで、花火終了後30分くらいで閉店になってくるという感じです。

 

屋台内容(昨年まで)

たこ焼き・焼きそば・お好み焼き・焼き鳥・イカ焼き・フランクフルト・

からあげ・ポテト・バナナチョコ・ベビーカステラ・かき氷・ヨーヨーつり・スーパーボールすくい・お面・・・など


 

お祭りの定番の屋台はほとんどあるようです。

sponsored link

◆観覧穴場スポット

①篠崎公園

都営新宿線「篠崎駅」徒歩14分。

とても広い公園で会場からは近いので迫力ある花火がみられます。トイレもあります。

河川敷のすぐ後ろの公園ですが、河川敷から人が埋まるので早めに行けばいい場所もとれます。

かなり広いので、時間はギリギリでもどこでもよければ場所はとれます。

 

②市川市大洲防災公園

JR総武線「市川駅」徒歩17分。

会場からそう離れていないので、迫力ある花火が鑑賞できるスポットです。

河川敷ほどの混雑がないのでゆっくり見られます。

 

③篠崎ポニーランド前野球場付近

都営新宿線「篠崎駅」徒歩15分。

江戸川区側は当日大変混雑しますが、ここまで離れれば、比較的ゆとりはあります。

早い時間からの場所取りがなくとも、空いています。

 

④総武線の陸橋下

京成「江戸川駅」より徒歩8分。

打ち上げ場所から少し遠くなりますが、周りに視界を遮る建物など、何もないのでよく見えます。

人は少なめなので、時間ギリギリでも場所を取れそうなスポットです。

 

⑤北越紀州製紙付近の土手

近年穴場として知られてきているスポットです。

比較的会場から近い割に人が少ないので場所取りしやすいです。

年々人気が出てきているスポットになります。

 

【それぞれの穴場スポットの位置】

以下の地図はクリックすると拡大できます。

 

 

◆有料席について

日本一の観客数を誇るだけあり、当日は大変混み合います。

そこで、場所取りの苦労から解放されるのが有料席。

市川市側の「市川市民納涼花火大会2017」では有料観覧席が設けられています。

全席指定席なのでゆっくりと会場に向かうことが出来ます。

チケットは事前予約、購入になります。

ちなみに江戸川区側には有料席はありません。

 

 

席の種類

桟敷席・・・180㎝×90㎝(4名) 1マス18,000円※地面に板が置いてある形です

ペア席・・・150㎝×90㎝(2名)1シート10,000円※土手斜面、土手下平面があります

イス席・・・パイプ椅子(1名)1席6,000円

 

発売日

6月25日(日)午前10時~

※6月21日(水)~24日(土)

チケットぴあ(インターネット)、セブンイレブン(マルチコピー機)にて先行販売

 

購入方法

店頭販売・・・チケットぴあ店舗、サークルKサンクス、セブンイレブン

ネット販売・・・チケットぴあ

電話予約・・・発売初日0570-02-9920 発売初日以降0570-02-9999(Pコードが必要)

※電話予約の方法など詳しくは公式ホームページ(ichikawa-hanabi.jp)をご覧ください。

 

 

有料席の場所

打ち上げ場所の正面に位置するところに有料観覧席があります。

会場案内図の【市川市側】、土手沿いの打ち上げ場所前に有料席・協賛者席とありますのでご覧ください。

以下の地図はクリックすると拡大できます。

出典:http://www.ichikawa-hanabi.jp/

 

江戸川区花火大会についてまとめてみましたが、迫力ある江戸川区側に行くか、比較的ゆとりがあり屋台もたくさんある市川市側に行くか、または穴場スポットで見るか、など楽しみ方も人それぞれのようですね。

 

私個人的には迫力ある花火が好きなので打ち上げ会場のある江戸川区に混雑覚悟で向かいました。

田舎の方であがる大玉に慣れていた私ですが、江戸川区花火大会は都会で上がる花火ではめずらしい大迫力に驚かされました。

また、見る人を飽きさせない工夫や花火の構成に本当に最初から最後まで楽しんでみることが出来ました。

ぜひ一度足を運んでみてください。

sponsored link