sponsored link

熊本県の「やつしろ全国花火競技大会」は毎年秋に開催れております。

熊本県内では来場者数が、30万人を超えて人気ナンバー1の花火大会です。

今年で31回目を迎える、やつしろ全国花火競技大会は、日本の全国からの花火業者が集結して競技をする大会で、5号玉、10号玉、スターマインと豪華な花火で腕を競い合います。

 

大変見ごたえのある気合の入った花火大会なので大迫力です。

今回は、2018年八代花火大会(正式名:やつしろ全国花火競技大会)の駐車場や交通規制、渋滞などに関する情報をお伝えいたします。

 

2018年八代花火大会の基本情報

開催日時は2018年10月21日(予定)小雨は決行いたしますが、荒天の場合は、11月11日に順延となりますが、順延日も荒天の場合は中止となります。

詳しくは、やつしろ全国花火競技大会 実行委員会までお問い合わせください。

お問い合わせ先はこちらを参照してください。

 

やつしろ全国花火競技大会実行委員会事務局(八代市観光振興課内)電話番号は、0965-33-4115です。

お掛け間違いがありませんように、お気を付けください。

 

花火の打ち上げ時間は、18時から20時15分の2時間15分ほどの予定です。

九州から秋田県までの花火業者30社が集結する花火競技会のため、各社の力作が打ちあがります。

花火打ち上げ数は去年よりも多い1万5000発になっております。

 

競技花火の途中エキシビジョンとして、ミュージック花火や大玉連発なども楽しめる、他ではみられない2時間たっぷり堪能できる花火大会となっています。

 

おすすめの駐車場

やつしろ全国花火競技大会では、臨時駐車場を6500台分用意されておりますが、午後15時過ぎには、駐車場を求める来場者でほぼ満車になってしまう程で、駐車場の確保倍率はかなり高くなりそうです。

 

近隣に21か所用意されている臨時駐車場は花火会場周辺には用意されていません。

学校の臨時駐車場以外は無料になっていますが、学校のみ(観光整備協力金)として一律500円かかりますが学校のみ、雨天の場合は駐車場の使用は中止になります。

また、花火打ち上げ会場までは、徒歩で向かうことになりますが、徒歩圏内でも3kmほどで40分くらいかかりそうです。

 

3km以上の場所にある臨時駐車場からは最寄りの場所から臨時のシャトルバスを運行しておりますので、片道500円で利用できます。

 

次に、比較的渋滞の少ない駐車場を3件ご紹介いたします。

臨時駐車場以外にも駐車場はあるので、効率よくシャトルバスを利用して駐車場の確保をされるのもおすすめです。

sponsored link

新八代駅南口駐車場 

所在地は、熊本県八代市上日置町4774-2 時間貸料金は60分で100円で、24時間最大料金は1000円になります。

また、JR九州の特急・九州新幹線をご利用のお客様は、24時間毎の最大料金が、600円になります。

収容台数は112台です。

 

駐車場の場所はこちらの地図を参照してください。

http://www.parking-kyushu.jp/number/94389902

 

新八代駅高架下第一駐車場

所在地は、熊本県八代市上日置町4774-2 時間貸料金は60分で100円で、24時間最大料金は1000円になります。

 

また、JR九州の特急・九州新幹線をご利用のお客様は、24時間毎の最大料金が、700円になります。

収容台数は108台です。

 

駐車場の場所はこちらの地図を参照してください。

http://www.parking-kyushu.jp/number/94389901

 

八代駅西口駐車場

所在地は、熊本県八代市萩原町1丁目1

時間貸料金は、60分で100円で、24時間最大料金は500円

収容台数は46台です。

 

駐車場の場所はこちらの地図を参照してください。

http://www.parking-kyushu.jp/number/94389360

 

こちらの駐車場は比較的渋滞に巻き込まれにくい場所を選んでみましたが、当日の状況によっては、駐車場の確保を探す方が増える可能性がございますので、当日の状況で判断されることをおすすめ致します。

sponsored link

交通規制エリア

やつしろ全国花火競技大会では前々日からの大規模交通規制があります。

詳細はこちらになりますので、ご参考になり、迂回などの指示には従って会場まで向かってください。

途中、交通規制のない区間もございますので、渋滞中の運転にはお気を付けください。

 

交通規制に関する図面は、こちらを参考にしてください。(こちらは去年の図面になりますが、内容は同じです)

※以下のマップはクリックすると拡大できます。

出典:http://hanabi.gorotto.com/index.phtml?f=page1&a=kiji&kid=1075

 

 

まずは、花火打ち上げの前々日から、河川敷会場一帯は、一般車両の進入禁止が始まります。

 

車両侵入禁止は次の通りです。

花火打ち上げ当日の14時から、荻原町・上日置町・古麓町全域・麦島東町・八代清流高校横断道路(前日から規制があります)・砥崎橋~西部大橋になります。

 

 

車両通行禁止区域は次の通りです。

花火打ち上げ当日の16時くらいから、国道3号八代インター付近、臨港東片町交差点~国道3号シルバーバック前旭中央交通交差点になります。

 

通行止めは、次の通りです。

花火打ち上げの前日は、新萩原橋南堤防入り口の通行止めが始まり、14時からは、新萩原橋北堤防入り口になります。

 

一方通行は、次の通りです。

植柳橋から県道42号線の三叉路までが、19時30分からになります。

会場内は一方通行で、午前10時からになります。

 

交通規制の解除は22時頃となりますが、渋滞はその後もしばらく続きますので、交通整備員の指示に従い、通行人などにも気を付けておかえりください。

sponsored link