sponsored link

夏は全国各地で花火大会が行われ、川や海で上がる花火が多いですが、八戸花火大会は漁港が会場になります。夜空と海面に咲く大輪の花は圧巻です。

潮の風を感じながらゆっくりと花火が楽しむことが出来ます。

また、尺玉をはじめとした、大玉や100種類もの花火が上がる八戸花火大会。

 

例年10万人前後の人が集まる人気の花火大会です。スターマインなどの迫力ある花火を楽しむことが出来ます。打ち上げ場所が近く、ダイナミックな光と音を味わえます。

会場には20~30件くらいの屋台が出ていたり、花火打ち上げ前に流し踊りなどの催しもやっていたりいます。そちらも合わせてお祭りの雰囲気を楽しめそうですね。

今回は、2018年「八戸花火大会」の駐車場、打ち上げ時間、中止や延期などの情報についてご紹介します。

 

◆八戸花火大会の基本情報

開催日 2018年8月20日(予定)小雨決行

※天候不順の場合8月27日に延期予定

打ち上げ時間 19:00~20:30
打ち上げ場所 八戸館鼻漁港
アクセス 【公共交通機関】

◎JR八戸線「陸奥湊駅」より徒歩7分

◎JR八戸線「白銀駅より徒歩10分

◎市営バス湊トンネル経由鮫行き「新湊二丁目」下車 徒歩3分

【車】

◎八戸道「八戸IC」より約30分

会場周辺に交通規制あり

専用駐車場なし

【定期シャトルタクシー・バスの運行】

会場の館鼻漁港付近は当日交通規制が敷かれます

会場まで行きはシャトルタクシー・帰りはシャトルバスがご利用いただけます

行き◎シャトルタクシー(4名まで)…ラピア前臨時駐車場~花火会場

片道1,000円・運行時間16:30~18:00

帰り◎シャトルバス…花火会場~ラピア前臨時駐車場

片道1人300円・運行時間(20:30~)

打ち上げ数 約5000発

 

【延期・中止などの判断について】

小雨の場合は決行となるようですが、荒天時は延期となる予定です。

2016年は台風の影響で8月21日開催予定の花火大会が19日の時点で延期の決定がされていました。フェイスブック@8hanabi参照。

当日のみ問い合わせができる電話番号などもあるようです。

 

また2014年は午後から雨予報で実際に小雨が降りだしたりして開催が心配されましたが、当日の15:00頃には開催の決定がされていました。

2009年は雨で延期されているのですが、いろんな場所に人が集まってしまっている中、中止の情報が伝わってない人もいるという状況もありました。

情報はインターネットやお問い合わせの電話番号などでご確認ください。

 

【会場地図】

 

 

【シャトルタクシー・バス乗り場】

出典 http://www.8hanabi.jp/assets/img/map_bustaxi.svg

sponsored link

◆駐車場

会場に駐車場の設置はありません。

花火大会当日は混雑が予想されていますので、なるべく公共交通機関をとのことですが、少し離れた八戸ショッピングセンター前に臨時駐車場(無料)が設置される予定です。

そこからシャトルタクシー・バスの運行があります。

混雑することが予想されますのでなるべく早めに現地に着く事をおすすめします。

 

【他の近隣の有料駐車場情報】

上記の臨時駐車場以外にも駐車場を紹介します。

こちらもなるべく早めの到着がおすすめです。

各駐車場の場所は、以下のマップをご確認ください。

 

①釜石駐車場 

青森県八戸市大字湊町字久保43-27

営業時間3:30~10:00 収容台数50台  料金1時間毎200円

 

②八戸ショッピングセンターラピア地下 利用者専用 

青森県八戸市江陽2丁目14-1

営業時間10:00~23:00 収容台数236台 料金 利用客無料

 

③八戸ショッピングセンターラピア 利用者用 

青森県八戸市江陽2丁目14-1

営業時間10:00~23:00 収容台数 262台 料金 利用客無料

 

④八戸ショッピングセンターラピア 利用者用  

青森県八戸市江陽2丁目14-1

営業時間 10:00~23:00 収容台数57台 料金 利用者無料

 

⑤ユニバース新井田店 利用者用 

営業時間 8:30~翌0:30 収容台数 150台 料金利用客無料

 

 【駐車場図】

 

 

◆有料席について

有料席に関する情報について簡単にまとめておきます。

 

料金

1マス5,000円 ※1マスは1.8m×1.8m(最大4名様まで)

発売日

2017年7月1日

 

購入方法

◎ローチケHMVローチケHMV公式サイト

◎(公社)八戸観光コンベンション協会   TEL  0178-41-1661

 

 

 

◆観覧穴場スポット

ここでは、観覧の穴場スポットを紹介します。

 

①八戸市水産科学館マリエント

夜景と花火が楽しめる穴場になります。

打ち上げ会場から少し離れていますがあまり混雑のないスポットです。

 

②八戸ポートアイランド緑地

釣りなどを楽しめる人口島です。敷地が広いのでゆったりと花火を楽しめます。

 

③蕪嶋(かぶらしま)

打ち上げ場所からは少し離れていますが、視界を遮るものは何もなく目の前は海が広がります。

花火がきれいに見られます。

ウミネコの繁殖地となっています。

 

④館鼻公園

高台の公園です。目の前の視界を遮るものもなく見下ろす形で花火がきれいに見えます。

 

【それぞれの穴場スポットの位置】

 

 


◆まとめ

八戸花火大会は毎年多くの観覧客が訪れ、比較的見るスポットも多い場所ですが、混雑もします。

特に車は渋滞など、混雑が大変なので車ご利用の方は早めの行動がよさそうですね。

 

海と花火を楽しめる八戸花火大会ですが、会場以外にもいろんなスポットで花火を楽しむことができそうなので自分に合ったベストスポットを見つけてお楽しみください。

sponsored link