sponsored link

今年もやってきました、この季節が!

夏です。夏といえば花火ですね!

花火といえば、そうです愛知県一宮市と岐阜県羽島市が共催する「濃尾大花火」です!!

 

この地方では最大級となる2尺玉を使った5000発の花火は見応え抜群です。

この花火大会ならではの200メートルもの幅で繰り広げられる逆ナイアガラ。

腹に響く大迫力のスターマインはまさに圧巻です。

 

また同時に木曽川には約400個もの提灯が付いた五艘のまきわら船が浮かべられます。

これは明治時代から続く120年以上の歴史ある花火大会ならではのもので、その幻想的な光景は一見の価値があります。

昨年行われた際も大盛況で、約24万人がこの花火開場に訪れました

河川敷から眺める大迫力の花火とまきわら船が織り成す光の共演を、是非その目でお確かめください。

 

今回は、2018年の濃尾大花火の駐車場や穴場について紹介します。

 

2018年の濃尾大花火の基本情報

まず、開催日は2018年8月14日(予定)です。

そして、花火の打ち上げ時間は19:30~20:45となります。

※雨天の場合には8月16日に延期される予定です。

おすすめの駐車場

次に、花火大会に車でお越しの方のために、おすすめの駐車場をいくつか紹介します。

 

①一宮市立起(おこし)小学校

 

開場時間:14:00~

料金は無料です。

住所〒494-0006 愛知県一宮市起西生出35

TEL:0596-288-733

 

会場からもっとも近く、開場時間が一番早いのはここです。

14:00から開いているので、出来るだけ早く来ていただくと比較的渋滞に巻き込まれずに済みます。

 

②イオンモール木曽川

 

 

営業時間:8:00~23:00 (駐車場は6:30~午前0:00)

料金は無料です。

住所:〒493-0001 愛知県一宮市木曽川町黒田字南八ツケ池25-1

TEL:0586-84-2800

 

 

こちらは会場から少し離れていますが、シャトルバスで会場に行くことが出来ます。

(運賃は小学生以上片道¥200です)

止められる台数は平面駐車場を合わせて 4000台です。

 

シャトルバスは「西側駐車場」から出ています。

当日は午前中にこちらに来て、花火が始まる夕方までショッピングセンターの中で買い物をするなりして、時間をつぶすようにしていただくと、渋滞にも巻き込まれずに済みます。

また帰りも渋滞の様子を伺いながらショッピングセンター内で過ごすのも良いかと思います。

 

その他にも駐車場はあります。

・一宮市民会館駐車場  ※こちらからもシャトルバスが運行します。

・尾西第一中学校

・尾西庁舎駐車場

・尾西プール駐車場

※当日は交通規制が行われていますので、出来るだけ車を使わずなるべく交通機関でのご利用をお勧めします。

 

<交通機関>

JR東海道本線 尾張一宮駅もしくは名鉄名古屋本線 名鉄一宮駅より、名鉄バス「起」(おこしと読みます)行きに乗り「起工高、三岸美術館前」で降り、そこから徒歩約12分です。

 

なお、当日は以下の交通規制が行われますのでご注意ください。

 

・木曽川西側道路 15時~23時まで車両通行禁止。

・一宮側の周辺道路は17時~22時まで車両通行禁止。

sponsored link

観覧の穴場スポット

次に観覧の穴場スポットを紹介します。

 

①イオンモール木曽川

 

TEL:0586-84-2800

営業時間:8:00~23:00

住所:〒493-0001 愛知県一宮市木曽川町黒田字南八ツケ池25-1

 

こちらからシャトルバスで現地に行くことも出来ますが、そのままここで花火を鑑賞するのが良いと思います。

特に人ごみが苦手な方や、小さなお子様連れの方にはお勧めです。

花火の見え方は少し小さくなりますが、屋上から夜景と一緒に眺める花火もロマンティックでなかなか良いものですよ。

 

またショッピングセンターであるため、ついでに買い物や飲食も出来、トイレにも不自由しないのも便利です。

 

②尾張猿田彦神社

 

開場時間(奥宮ちょうちん祭り)17:30~

TEL:0586-61-2713

〒490-0201 愛知県一宮市奥町風田67-1

 

 

こちらでは当日17:30より「奥宮ちょうちん祭り」が行われます。

花火前には奥宮例大祭という催しものも行われます。

遥排(ようはい)鳥居越しに観る花火はまた一味違った趣があり、周辺に飾り付けられた提灯の明かりも花火を一層盛り上げてくれます。

 

花火後は旭雅楽会による雅楽の演奏も行われ、花火を観終わった後の余韻に浸るのも良いと思います。

出店もあり、花火と夏祭りの風情の両方を楽しめますので、夏の思い出作りには最適ではないでしょうか。

 

<交通機関>

名鉄一宮駅で名鉄尾西線玉ノ井行きに乗り換え、「奥駅」で下車。西へ徒歩10分。

名鉄一宮駅で名鉄バス「起」行きに乗り、尾張中島で下車し、北へ徒歩15分。

 

まとめ

夏の花火というものは実に風情があって良いものですね!

私も一年に一度は必ず花火を観に行くようにしています。

 

浴衣姿でうちわ片手に花火を観る。

そよそよと吹く川べりの涼し気な風。

夜空を彩る無数の光の玉。

花火が上がるごとに湧き上がる歓声。

花火が終わった後のちょっぴり寂し気な雰囲気。

 

花火は恋人同士の絆を深めるのにも一役買ってくれます。

私も結婚する前に妻と花火を観に行きました。

初めて彼女の浴衣姿を見た時は、少しドキッとしました。

 

そして、それまで以上に彼女を惚れ直したことを思い出します。

こんな素敵な夏の思い出をこの濃尾大花火を通して作ってみてはいかがでしょうか?

以上、濃尾大花火に関するまとめでした。

sponsored link