sponsored link

夜空をダイナミックに彩る「ワイドスターマイン」。

ユーモアあふれる「創作花火」。

皆さんお待ちかねの「道新uhb花火大会」の季節が、またやってきました!

 

今年は札幌の夜空にどんなアートを描いてくれるのでしょうか。

今から待ち遠しいですね!

今回は、2018年の道新uhb花火大会の屋台や穴場、中止・延期の情報について紹介します。

 

【2018年の道新uhb花火大会の基本情報】

まず開催日は2018年7月28日(予定)です。

そして、花火の打ち上げ時間は19:40~20:30となります。

※荒天の場合は8月4日に延期予定です。

 

中止の場合はホームページ上にてすみやかに告知されます。

また開催可否に関して、テレドーム0180-99-3776(※)にてご確認いただくことも出来ます。

※ただし東京までの市外通話料金がかかります。また一部のケーブル電話、NTTのひかり電話などでは繋がらない場合もあります。

 

花火大会が行われる場所は、札幌市中央区南13条西1丁目付近です。

 

 

花火は約50分間行われます。

以下の3部構成で行われ、トータル4000本の花火が打ち上げられます。

  • 第一部 「サマーナイトファンタジア」打ち上げ、スターマイン
  • 第二部 「アート オブ ファイヤー」打ち上げ、スターマイン
  • 第三部 「グランドフィナーレ」ワイドスターマイン

【屋台の出店情報】

花火大会のメイン会場となっている豊平川周辺には屋台は出店されません。

ですので河川敷での観覧をされる方で飲食物が必要となる場合は、あらかじめ事前にコンビニやスーパーなどで買っておくのがよろしいかと思います。

河川敷以外の屋台に関しては、過去の花火大会においては会場から少し離れたJR苗穂駅近辺の商業施設アリオ札幌の屋上にて出店されたことがありました。

 

ちなみに去年は、アリオ札幌の屋上でそのショッピングセンター内で売られている焼き鳥焼きそばビールジュースなどが売られていたそうです。

今年はまだ出店するかどうかは未定だそうですが、あるとすれば上記の場所で出店される可能性があると思います。

 

【観覧の穴場スポット】

メイン会場である豊平川の河川敷は、花火が打ち上げられるのが間近で見られるため、音や迫力がやはり違います。

そのため毎年多くの人が訪れ、たいへん混雑します。

その為かなり早くから場所取りをしておく必要があります。

 

そこで、人込みを嫌う方や落ち着いた雰囲気の中で花火を楽しみたい方に、とっておきの穴場スポットをいくつかご紹介します。

中島公園

 

 

住所:〒064-0931 札幌市中央区中島公園1

TEL:011-511-3924

 

こちらは花火会場からほど近い公園です。

この公園のなかには菖蒲池という池があり、ボートに乗ることができます。

恋人同士でしたらボートに乗りながら花火を観るなんていうのも、ムードが高まって良いかもしれませんね!

また、トイレが常設されているのもうれしいです。

 

幌見峠

住所:札幌市中央区盤渓471-110

TEL:011-622-5167

 

こちらは夜景がきれいなスポットとして有名です。

夜景と花火が同時に観られるなんて、最高のシチュエーションですね!

花火を観終わった後も、美しい夜景を観ながら余韻に浸るのも良いでしょう。

 

とくに恋人同士で行くにはうってつけではないでしょうか。

なおこちらには車でしか行くことが出来ません。

ちなみに入場料が800円かかりますのでご注意下さい。

 sponsored link

旭山記念公園

住所:〒064-0943  札幌市中央区甲川4丁目

TEL:011-200-0311

 

こちらも夜景で有名な場所です。

毎年この花火大会に合わせて「旭山音楽祭」というイベントが行われています。

夜景を観ながら、さらに音楽に浸りながら、花火を楽しむなんてこんな贅沢はなかなか味わうことは出来ません。

こちらはレジャーシートと虫よけスプレーが必須です。

 

藻岩山の山頂

住所:〒064-0942 札幌市中央区伏見5丁目3番7号

TEL:011-561-8177(札幌市もいわ山ロープウェイ山麓事務所)

 

ロープウェイで藻岩山の山頂まで登り、そこで花火を観るなんていかかでしょうか?

観光スポットとして有名なこの場所から観る花火も、とてもロマンティックです。

夜の小旅行のつもりでお出かけしてみてはいかがでしょうか?

こちらもレジャーシートと虫よけスプレーは欠かせません。

 

JRタワー

住所:〒060-0005 札幌中央区北5条西2丁目5

TEL:011-209-5500

 

こちらは38階展望室から花火を観ることができます。

室内のため花火の音は聞こえませんが、高層ビルから見下ろす花火なんていうのも面白いと思います。

今年はグッズのプレゼントキャンペーンも行っているそうですよ。

いつも河川敷で花火を観ている人は、たまにはこういった観覧のしかたも良いかもしれません。

 

ノルベサの屋上ビアガーデン「ノルビア」

住所:〒060-0063 札幌市中央区南3条西5丁目1-1

TEL:050-5828-8620

 

地元のデートスポットとして有名なこの場所ですが、ここの観覧車から観る花火は格別なものがあります。

ちなみにこの観覧車の名前は「ノリア」です。

「ノルベサ」「ノルビア」「ノリア」・・・なんだか「ノル」の3段活用みたいで、非常にユニークな名前ですね(笑)

 

ビールワインなどのお酒も飲めますし、ジンギスカンなどの料理も楽しめます。

まさに「観る」「飲む」「食べる」をすべて同時に楽しめる、うってつけの場所です。

 

さらに今ですと屋上ビアガーテンをご利用なれば、通常600円であるこの観覧車の利用料金が半額になるそうですよ!

この施設には屋上以外にもいろいろなお店も入っているため、早くから来て時間をつぶすにも最適かと思います。

 

以上、道新uhb花火大会2018に関する情報でした。

sponsored link

素敵な彼女が簡単に見つかる話題のアプリ|今すぐ彼女が欲しいメンズは必見だ!

kappuru

「できることなら、彼女が欲しいけど、自分は奥手だから・・・」

「女友達は少ないし、毎日仕事が忙しくて出会いもない」

「街で声をかけるなんて、自分には恥ずかしくて絶対無理」

こんなふうに思って、彼女をつくることを諦めていませんか?

確かに、駅やショッピングセンターで「この女性いいな」と思っても 声をかけるのはかなり勇気がいりますよね。

「何、この人 と女性から気持ち悪がられたらどうしよう」

「冷たくあしらわれたら傷つくしな」

そう考えてしまって、一歩を踏み出せない男性は案外多いんですよ。



でも、大丈夫です。

もし、あなたがスマホをお持ちなら、これから紹介するアプリを使えば 簡単に理想の彼女を手に入れることができますから。

そう言うと、何だか胡散臭く感じてしまうかもしれませんね。



ただ、あるスマホアプリでは、毎日約10万組以上の 男女のマッチングが成立しているんですよ。

最近、AneCanやCLASSYなどの有名雑誌で紹介されて話題の タップル誕生というアプリは、毎日4500人が登録している 大人気の恋活アプリです。

kappuru

タップル誕生は、これまでに、2500万組のマッチングが成立していて 恋活アプリとして高い実績を誇っています。

とにかく登録者数が半端なく多いので これならあなたの理想とする女性に出会える確率もぐっと高くなります。



それこそ、街中でナンパなんて原始的なことをしている場合じゃないですよ。

もし、あなたが今すぐ可愛い彼女をつくりたいと考えているなら こちらからタップル誕生をチェックしてみてください!

公式ページ⇒タップル誕生の詳細をチェックしてみる