sponsored link

今年も水戸黄門祭りの季節ががまいりました。

水戸黄門祭りは3日間かけて行われ、そううちの一つが花火大会です。

毎年遠方からも訪れ、30万人もの人出で大変人気のある、水戸黄門祭り。

 

花火打ち上げ数は4500発とやや少なめですが、お祭りモード一色で、盛り上がる会場は、イベントが盛りだくさんなので、一日中楽しめます。

お祭り当日は、車で来られる方も意外に多く、毎年駐車場確保に苦労される方がたくさんいらっしゃいます。

 

今回は、2018年の水戸黄門祭り花火大会の駐車場や打ち上げ場所、打ち上げ時間、穴場などの情報について紹介します。

 

2018年の水戸黄門祭り花火大会の基本情報

花火開催日時は8月3日(予定)小雨は決行いたしますが、荒天の場合は8月11日に延期予定です。

11日以降は中止となります。

花火打ち上げ時間は、19時30分頃から20時30分頃まで(約1時間の打ち上げになります)

 

打ち上げ場所は、茨城県水戸市仙波町湖畔です。

 

※当日の詳細については、水戸観光コンベンション協会までお問い合わせください。

お問い合わせはこちら。

茨城県水戸市三の丸1-5-38 茨城県三の丸庁舎1階 電話番号:029-224-0441です。

おすすめの駐車場

水戸黄門祭りの花火大会では、臨時駐車場が1800台分ほど設けられておりますが、花火当日は、お昼過ぎにはすぐに満車になってしまいます。

花火大会のための渋滞も場所取りのため、早くから始まるので、駐車場の確保も大変難しくなっておりますので、比較的渋滞に巻き込まれない場所の駐車場を、ご紹介いたしたいと思います。

 

駐車場 1:パカラ水戸駅前第一

住所:茨城県水戸市三の丸3-2-15

収容台数:229台

営業時間:24時間営業

料金:終日30分100円

当日24時まで最大500円

券を紛失した場合は5,000円かかります。

 

車両制限:幅:1.90m

高さ:2.10m

長さ:4.80m

重量:2.50t

 

こちらの駐車場は最寄り駅が水戸駅になり、徒歩13です。

車の収容台数も多いため、確保しやすい駐車場になります。

水戸駅からは、常磐線の偕楽園で下車して徒歩3分ほどで花火会場に到着できます。

 

行きかえりは、一駅はなれているので、比較的渋滞には巻き込まれにくいと思います。

時間によっては、多少の渋滞は予想されますので、時間に余裕をもってお出かけください。

 

 

駐車場 2:NPC24水戸駅南口パーキング

住所:茨城県水戸市宮町1丁目8-36

収容台数:457台

営業時間:24時間営業

料金:最大料金:平日は24時間毎700円

土日祝は24時間毎1,000円

時間料金:30分100円(8時から22時)

60分100円(22時から8時)

車両制限:高さ2.10m以下

設置場所:立体自走式

 

こちらの駐車場は、水戸駅から徒歩8分の場所にあります。

車の収容台数も多いため、確保しやすい駐車場になります。

水戸駅からは、常磐線の偕楽園で下車して徒歩3分ほどで花火会場に到着できます。

 

行きかえりは、一駅はなれているので、比較的渋滞には巻き込まれにくいと思います。

時間によっては、多少の渋滞は予想されますので、時間に余裕をもってお出かけください。

 

駐車場 3:水戸駅南口広場駐車場

住所:茨城県水戸市宮町1丁目6-140

電話番号:029-257-6656

収容台数:27台

営業時間:24時間営業

料金:入庫後30分まで無料、1時間まで100円、以降1時間毎300円

車両制限:高さ:2.60m

幅2.30m

長さ:5.00m

その他車両制限:マイクロバス不可

設置場所:平地自走式

 

こちらの駐車場は、水戸駅から徒歩1分、目の前の駐車場になります。

水戸駅からは、常磐線の偕楽園で下車して徒歩3分ほどで花火会場に到着できます。

行きかえりは、一駅はなれているので、比較的渋滞には巻き込まれにくいと思います。

 

時間によっては、多少の渋滞は予想されますので、時間に余裕をもってお出かけください。

sponsored link

観覧の穴場スポット

ここでは、花火を観覧する際に混雑の少ない穴場のスポットを紹介します。

 

穴場スポット 1:仙波公園内の好文茶屋付近

仙波湖畔沿いにある好文茶屋は、好立地な場所にもかかわらず、観客が少ない場所になっております。

立ち入り禁止区域の付近のため、比較的場所取りも楽でしょう。

近くには、屋台の出店もありますので、お祭りに欠かせない屋台めぐりもできる場所となっております。

 

こちらの観覧スペースの後方には仮設トイレもありますので、小さなお子様や、お年寄りにも安心な場所なので、家族連れにも心配なくご利用いただけます。

 

穴場スポット 2:千波湖の北側周辺

花火打ち上げ会場となる千波湖の北側になります。

大変見晴らしが良く、打ち上げ会場の前方になるので、臨場感のある花火はもちろん、湖上にうつる花火も見れるので、穴場中の穴場になり、おすすめ致します。

また、会場付近には、仮設トイレや、屋台も多いので、移動にもさほど困ることはないでしょう。

 

こちらの観覧が集中する場所は、南側の仙波公園付近なので、北側は比較的、場所取りもしやすく、当日の17時過ぎでも、場所取りが出来ます。

しかし、18時頃までには、徐々に観覧場所を求めてくる人が多くなってくるので、早めの場所取りを済ませ、屋台めぐりをするのもおすすめです。

sponsored link

素敵な彼女が簡単に見つかる話題のアプリ|今すぐ彼女が欲しいメンズは必見だ!

kappuru

「できることなら、彼女が欲しいけど、自分は奥手だから・・・」

「女友達は少ないし、毎日仕事が忙しくて出会いもない」

「街で声をかけるなんて、自分には恥ずかしくて絶対無理」

こんなふうに思って、彼女をつくることを諦めていませんか?

確かに、駅やショッピングセンターで「この女性いいな」と思っても 声をかけるのはかなり勇気がいりますよね。

「何、この人 と女性から気持ち悪がられたらどうしよう」

「冷たくあしらわれたら傷つくしな」

そう考えてしまって、一歩を踏み出せない男性は案外多いんですよ。



でも、大丈夫です。

もし、あなたがスマホをお持ちなら、これから紹介するアプリを使えば 簡単に理想の彼女を手に入れることができますから。

そう言うと、何だか胡散臭く感じてしまうかもしれませんね。



ただ、あるスマホアプリでは、毎日約10万組以上の 男女のマッチングが成立しているんですよ。

最近、AneCanやCLASSYなどの有名雑誌で紹介されて話題の タップル誕生というアプリは、毎日4500人が登録している 大人気の恋活アプリです。

kappuru

タップル誕生は、これまでに、2500万組のマッチングが成立していて 恋活アプリとして高い実績を誇っています。

とにかく登録者数が半端なく多いので これならあなたの理想とする女性に出会える確率もぐっと高くなります。



それこそ、街中でナンパなんて原始的なことをしている場合じゃないですよ。

もし、あなたが今すぐ可愛い彼女をつくりたいと考えているなら こちらからタップル誕生をチェックしてみてください!

公式ページ⇒タップル誕生の詳細をチェックしてみる