sponsored link

東京都立川市で行われる「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」は2018も開催されます。

昭和記念公園花火大会では、ワイドスターマインやオリジナルスターマインなど趣向を凝らした花火が打ち上げられて、夏の夜空いっぱいに繰り広げられます。

今年の打ち上げは5000発を予定していて、前年の人出は36万人越えで、遠方からも花火鑑賞に来られる方も多く、人気のある花火大会で大賑わいです。

 

花火大会当日は、毎年大変混雑をしていて周辺道路は、お昼過ぎには渋滞が始まります。

そして、場所取りなども大変困難な状況です。

今回は、2018年の昭和記念公園花火大会の交通規制や見える場所、屋台などの情報について紹介します。

 

2018年の昭和記念公園花火大会の基本情報

花火大会の開催日は、2018年7月28日(予定)です。

雨天決行ですが、荒天の場合は、翌日の7月29日(予定)に順延になります。

7月30日以降は、中止になります。

 

詳しくは、立川まつり国営昭和記念公園花火大会実行委員会までご連絡してみてください。

お問い合わせはこちら。

主催:立川まつり国営昭和記念公園花火大会実行委員会

電話:042-527-2700

 

お電話が繋がりにくいときは、時間をおいてかけ直すか、ホームページにも関連事項が載っておりますので、お出かけ前に確認してみてください。

専用ホームページもございますので、お出かけ前に確認してから、来場されることをおすすめ致します。

ホームページはこちらから。http://www.tbt.gr.jp/hanabi/

花火打ち上げ時間は、19:20頃から、20:20頃までの約1時間の予定となっております。

交通規制エリア

立川まつり国営昭和記念公園花火大会では毎年、花火打ち上げ会場付近の交通規制を実施しております。

花火大会の人出も、例年35万人を超えている状況なので、花火大会当日は、交通規制実施前から大変混雑が予想されます。

なるべく交通の公共機関を利用するなどの対処で、事故防止にもつながりますので、電車やバスなどの利用をおすすめ致します。

 

やむを得ず車での来場をされる方は、花火大会の周辺道路には、警察や交通警備員がおりますので、迂回や進路変更に従い気を付けてお進みください。

周辺道路は急な飛び出し等、予測のつかないことも発生しているので、運転には細心の注意がひつようです。

花火当日は、大変混雑が予想されていますので、お出かけ前には交通情報など確認しながら、予定を立てて、早めのお出かけをおすすめ致します。

 

立川まつり国営昭和記念公園花火大会の周辺道路交通規制図はこちらから確認してください。

出典:http://www.tbt.gr.jp/hanabi/wp-content/uploads/2015/04/2017traffic.pdf

 

 

屋台の出店情報

昭和 屋台出店場所

立川まつり国営昭和記念公園花火大会では毎年公園内に屋台はあるのですが、35万人の人出に合わせた出店数はなく、公園内の原っぱに10店ほどしか出店していません。

屋台に並べたとしても、並んでいる最中に売り切れになってしまうこともしばしばあるようです。

屋台の出店時間は18:00頃から21:00頃としておりますが、たいていは早めに売り切れて、店じまいをしている屋台がほとんどです。

 

自動販売機も公園内にいくつか設置してありますが、すぐに売り切れ状態になってしまうようです。

せっかくの花火大会ですから、ちょっとしたおつまみや、飲み物などは欲しいところですよね。

そんな時は、最寄り駅付近のおいしいお弁当を予約しておくとか、お惣菜を買って花火会場に持ち込むのもいいですね。

 

飲み物なども、自動販売機で買うよりも、最寄りのスーパーなどで購入した方が、種類も多いし、格安で購入できますし、駐車場を利用することもできるので、ぜひおすすめ致します。

屋台では、あらかじめ買いたい物や、出店場所を確認しておいて、開店と同時に購入するなど、秘策が必要になりそうです。

sponsored link

観覧の穴場スポット

花火がよく見える穴場スポットについて紹介します。

 

穴場スポット1:イトーヨーカドー東大和店の屋上駐車場

イトーヨーカドー東大和店の屋上駐車場

屋台の情報でもお伝えしましたが、立川まつり国営昭和記念公園花火大会では屋台が非常に少ないので、おつまみの買い出しに出たまま、花火鑑賞が出来ない事態になりかねません。

 

イトーヨーカドーでは花火大会当日は屋上駐車場を花火鑑賞用に開放してくださっているので、おつまみなどを購入して、屋上で花火鑑賞をおすすめ致します。

屋上にはトイレも完備されているので、小さなお子様やお年寄りにもゆっくりと花火鑑賞を楽しまれる場所です。

 

イトーヨーカドー東大和店はこちらから確認してください。

 

 

穴場スポット2:高島屋ビアガーデン

高島屋ビアガーデン

 

高島屋ビアガーデンの詳細はこちらから確認してください。

https://www.takashimaya.co.jp/store/special/beergarden/tachikawa.html

 

夏といったらビアガーデンですね。

花火当日は予約をしても抽選になっていて、当選すればかなりの穴場となりますね。

 

ビアガーデンなので、お子様の予約はできませんが、ゆったりとした気分でビアガーデンから花火鑑賞が出来る、至福の時間を堪能できる最高の穴場としておすすめ致します。

sponsored link