sponsored link

さて、今日は桑名水郷花火大会についてです。

桑名の夏の風物詩である桑名水郷花火大会では、毎年7月下旬に催されます。

揖斐川中州から打ち出る数千発のスターマイン、 水中花火、ナイアガラ、最大級の二尺玉花火、などなど。

 

揖斐川河畔に咲く鮮やかな花火はどれも大迫力の音を轟かせます。

今年も東海地区最大級の二尺玉が打上がります。

皆さん期待大ですね。

 

 

でも、この花火大会、一つ大事なポイントがあって、それを見落とすと大変な事になります!

それは、駐車場が少ないのです!

勿論、花火大会等のイベントでは混雑を避ける為、各公共機関の利用を勧めています。

 

しかし、それでも、有名な花火大会ほど遠くから来られたりするので、混雑が避けられない状況なのです。

この桑市花火大会もその一つです。

今回は、2018年の桑名水郷花火大会の駐車場や屋台、穴場などの情報を紹介します。

 

2018年の桑名水郷花火大会の基本情報

 

開催日時 2018年7月28日(予定)

午後7時30分~9時頃まで開催 (花火の打ち上げ時刻も同じ)

雨天時は29日、30日へ順次延期となります

 

打上数 約1万発を打ち上げ予定

 

花火の種類

スターマイン、水中スターマイン、二尺玉、仕掛け、ナイアガラ等

 

駐車場

有料駐車場有 あり

 

問い合わせ先

当日の開催有無については、専用ダイヤル0180-995-987(自動応答)をご利用ください。

※ただし、IP電話ではご利用いただけない場合があります。

 

・桑名市物産観光案内所 TEL:0594-21-5416

 

・桑名市観光協会事務局  TEL:0594-24-1231

  sponsored link

おすすめの駐車場

 

さて駐車場の紹介をしたいと思いますが、その前に、桑市付近の駐車場の情報を紹介します。

まず、花火大会の為に作られた簡易駐車場があります。

小学校校庭(日進・精義・立教・修徳)、光風中学校校庭、くわな特別支援学校校庭 です。

 

ただ、この簡易駐車場は一台2000円と高額です。

また、駅付近には、無料駐車場はなさそうです。

その為、比較的料金が安く、花火大会に近い駐車場、また混雑を避けられるという3つのポイントを押さえた駐車場を紹介します。

 

 

長島駐車場

三井アウトレットパーク長島の駐車場です。

商業施設の駐車場なので、お買い物の帰りに花火を見るという使い方がいいですね。

おすすめの理由は混雑する可能性が低い、駐車場が大きいという理由です。

 

利用時間 9:00~21:00

料金:1,000円/1日
※三井アウトレットパーク1店舗3,000円以上のご利用で、ジャズドリーム長島施設内にて返金サービスあり

 

住所 三重県桑名市長島町浦安368

電話番号 0594-45-8700

 

なばなの里

まず、すぐ近くで花火が見れます。

通常、営業時間21時ですが桑名水郷花火大会の当日にはなばなの里の営業時間が22:00まで延長されます 。

花火大会当日になばなの里に入場する場合には、駐車場料金が無料になります(入場料別途で1,000円かかります)

 

長良川堤防の道路は17:00~22:00頃に交通規制されます。

なばなの里へ向かう場合は県道7号線を利用しましょう。

 

利用時間

通常      9:00~21:00

花火大会 当日 9:00~22:00

 

住所 三重県桑名市 長島町駒江漆畑270

料金   1000円(なばなの里入場料金)

電話番号 0594-41-0787

 

末広駐車場

比較的に打ち上げ場所に近い駐車場です。

なので先の二つに比べ混雑する可能性は高いですが、24時間停められる、料金が安いという理由で選びました。

もし、混雑するするとしても24時間停められるので、他の人達と時間帯をずらして帰宅するという利用の仕方もあります。

 

利用料金 6時~22時 30分70円、

22時~6時 30分40円

 

利用時間 24時間

 

電話番号 052‐521‐9134

 

住所 三重県桑名市末広町36

 

屋台の出店情報

桑名水郷花火大会では例年多くの屋台・露店でにぎわっています。多くの人屋台が市街地側の揖斐川堤防に出店しています。

屋台の種類では、特長的な屋台が並ぶということではなく、おおよそオーソドックスな屋台が並ぶそうです。

 

お祭りの屋台といえば、かき氷、たこ焼き、焼きそば、クレープ、チョコバナナ、ラムネ、というイメージ通りの屋台が並んでいます。

また、出店時間ですが、屋台によって様々ですが17:00~21:00ぐらいが多いですね。

花火大会が始まる前の17:00~18:00 が人気が少なめで屋台を散策するにはいい時間ですよ。

 sponsored link

観覧の穴場スポット

さて、穴場ですが、穴場のポイントは3つあります。

 

①花火がちゃんと見える。

これは、遠く離れても近くにいてもそうです。

 

②花火をみるのに適した場所である。

近くにトイレがあるか、人が混雑してないか、観るときに立ち見じゃなくて座って落ち着いて見たいですよね。

 

③人数です。

穴場といえども人は少なからずいます。

最低、2人で行動して場所をキープすることが大事です。

 

そして、キープした場所にレジャーシート等を引いたときには、重石を置いて、ガムテープでばつ印をつける等のしっかりとした位置取りもしましょう。

また、目印も可能ならつけましょう。

 

なばなの里

なばなの里とは、三重県桑名市長島町駒江にある植物園です。

長島観光開発株式会社の運営するナガシマリゾートの一施設で入場料が別途1000円かかりますが、なばなクーポンという様々なクーポンが貰えます。

おすすめの理由としては、なばなの里のグルメと花火を味わえることでしょう。

 

また、打ち上げ場所に近いので、打上花火が大迫力で楽しめます

 

 

七里の城跡

七里の城跡

東海道五十三次で知られる宮宿から桑名宿までの海路で、かつての官道です。

由来は熱田・宮の渡しから海上七里を船に乗り、桑名の渡しに着いたことから「七里の渡」と呼ばれています

花火を川岸近くで観られ、昔の江戸の町並のなか見る花火は風情がありますよ。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

水郷の町「桑名」の花火大会。

揖斐川の中洲から打上げ、その川幅の広さと長さを十分に生かした縦横無尽の大輪の花が見所ですよ。

 

花火大会の基本情報も押さえましたね。

何処に停めるか、何処で観るか?

検討はつきましたか?

 

行きも大事ですが、帰りも大事ですよ。

毎年、国道一号線が混雑するので、その道を通らないルートを選びましょう。

幾つか、候補があると、心強いですね。

 

それでは、皆さん、今年の桑市の花火大会を楽しんで下さい。

sponsored link

素敵な彼女が簡単に見つかる話題のアプリ|今すぐ彼女が欲しいメンズは必見だ!

kappuru

「できることなら、彼女が欲しいけど、自分は奥手だから・・・」

「女友達は少ないし、毎日仕事が忙しくて出会いもない」

「街で声をかけるなんて、自分には恥ずかしくて絶対無理」

こんなふうに思って、彼女をつくることを諦めていませんか?

確かに、駅やショッピングセンターで「この女性いいな」と思っても 声をかけるのはかなり勇気がいりますよね。

「何、この人 と女性から気持ち悪がられたらどうしよう」

「冷たくあしらわれたら傷つくしな」

そう考えてしまって、一歩を踏み出せない男性は案外多いんですよ。



でも、大丈夫です。

もし、あなたがスマホをお持ちなら、これから紹介するアプリを使えば 簡単に理想の彼女を手に入れることができますから。

そう言うと、何だか胡散臭く感じてしまうかもしれませんね。



ただ、あるスマホアプリでは、毎日約10万組以上の 男女のマッチングが成立しているんですよ。

最近、AneCanやCLASSYなどの有名雑誌で紹介されて話題の タップル誕生というアプリは、毎日4500人が登録している 大人気の恋活アプリです。

kappuru

タップル誕生は、これまでに、2500万組のマッチングが成立していて 恋活アプリとして高い実績を誇っています。

とにかく登録者数が半端なく多いので これならあなたの理想とする女性に出会える確率もぐっと高くなります。



それこそ、街中でナンパなんて原始的なことをしている場合じゃないですよ。

もし、あなたが今すぐ可愛い彼女をつくりたいと考えているなら こちらからタップル誕生をチェックしてみてください!

公式ページ⇒タップル誕生の詳細をチェックしてみる