sponsored link

この記事では、2018年の横須賀花火大会の屋台や交通規制、穴場などの情報について紹介します。

 

2018年の横須賀花火大会の基本情報

夏の夜空を彩る打ち上げ花火。

毎年楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

今年も全国各地で花火大会が開催されます。

 

1853年、ペリーが率いる4隻の黒船が来航し、その第一歩を記した時から横須賀は開国の地として日本の近代化に多大な貢献をしてきました。

ペリーが浦賀沖に来航し久里浜の地に上陸を果たしてから150年の節目を迎えた2003年より「よこすか開国祭」が始まりました。

 

よこすか開国祭は6月と8月の二回に分けて開催され、6月は「開国Dancin’2017」コンテスト・8月は開国花火大会が開かれます。

例年ですと8月のよこすか開国祭は5日間ほどの開催期間で様々なイベントが盛り込まれていましたが今年から5日の花火大会1日だけとなってしまったようです。

 

よこすか開国祭 開国花火大会の今年の日程は8月5日土曜日の午後7時15分から45分まで30分間打ち上げ花火が楽しめます。

他の花火大会と比べ、30分というと少々短く感じますが、約5000発もの花火が息をつく間もないほど惜しげもなく打ち上げられます。

 

多少の雨の場合は決行されますが荒天の場合は中止となります。

順延や延期の予定は一切ありませんのでご注意ください。

大会実施の有無の決定は当日正午までを予定しており、天候が悪く大会実施が心配な方は自動音声案内(0180-991-878)でご確認ください。

 

尺玉やスターマイン、水中花火にキャラクター花火など多彩な花火が海上から打ち上げられる横須賀ならではの花火大会と言われ、毎年約20万人もの観客で賑わいを見せます。

会場は神奈川県横須賀市うみかぜ公園沖合で京浜急行「横須賀中央駅」から徒歩20分、京浜急行「汐入駅」から徒歩25分、JR「横須賀駅」から徒歩25分ほどでアクセスできます。

当日、臨時駐車場は一切設けない他、会場周辺では交通規制が実施されるので、できる限り公共の交通機関を利用して来ることをお勧めします。

屋台の出店情報

夏祭りの醍醐味の一つでもある屋台や露店。

露店メインでお祭りに行く方や、露店がないと祭りじゃない!という方もいるのでは?

ご安心ください、開国花火大会でも例年たくさんの屋台・露店が並び賑わいを見せていますので、今年も多くの出店が予想されます。

 

例年ですと特にうみかぜ公園や三笠公園付近が屋台や露店が並ぶ場所として知られています。

やきそばやお好み焼き、チョコバナナなどのお祭り屋台定番の食べ物、飲み物はほとんど揃っていますので思う存分屋台・露店を楽しめます。

屋台・露店を楽しみながら花火を見るのも良いですが、打ち上げ時間が30分に凝縮されているため、ゆっくりと花火を鑑賞したいものです。

 

お祭り定番のグルメの他にも、よこすか開国祭では多国籍料理を楽しめるのも魅力の一つです。

例年メキシコ料理やドイツ料理などを提供する屋台も見られるので、他のお祭り屋台とは一味違います。

こちらも是非押さえておきたいポイントです。

 

昨年の主な出店は「やきそば・たこ焼き・お好み焼き・フランクフルト・焼き鳥・かき氷・からあげ・チョコバナナ・りんご飴・トロピカルジュース・ラムネ・ビール」など。

屋台の営業時間は例年と同じく、夕方5時頃から夜8時頃までが予想されます。

sponsored link

 

交通規制エリア

よこすか開国祭 開国花火大会当日5日土曜日は混雑が予想されるため会場周辺の道路で交通規制が実施されます。

交通規制の時間帯は三笠公園周辺が午後5時から10時まで、県立大学駅周辺が午後6時から夜10時までとなります。

当日会場周辺で車の利用予定がある方は下記の道路規制マップを良くご確認ください。

 

前にも記しましたが、この花火大会では駐車場を一切用意しておらず、公共の交通機関での来場が呼びかけられています。

会場の一つである「うみかぜ公園」内にある駐車場も当日は関係者のみ使用可能となり一般の方の出入りは不可能です。

どうしても車を利用されるという方は会場から少し離れた駅近くのコインパーキングなどを利用することをお勧めします。

 

花火打ち上げ終了後は一斉に皆さん帰りますよね。

そのため、駅ホームの混雑が予想されます。

最寄り駅についたらすぐに会場へ向かいたい気持ちもわかりますが、帰りの切符の購入、電子マネーのチャージをあらかじめしておくと帰りの発券所の混雑を回避できます。

出典:横須賀市観光協会http://yokosuka-kanko.com/pickup/2017/07/kaikokukisei.html

 

 

 

観覧の穴場スポット

みんなが楽しみにしている花火大会。

もちろん会場は観客で大混雑状態です。

少し離れてもゆったりと見たいという方向けに何か所かの穴場スポットを紹介します。

 

①新安浦港

土日には朝市も行われ、人が集まるホットスポットの一つとも言われている場所で京急本線「県立大学駅」「堀ノ内駅」から徒歩約16分とアクセス環境も良好。

会場から少々離れてはいるため、場所取りも比較的簡単にでき、綺麗に花火を見ることができると評判の穴場スポットです。

 

②中央公園

京浜急行「横須賀中央駅」から徒歩10分の場所にある公園です。

やや高台にある公園なので花火が良く見える穴場スポットですが、例年比較的混雑が緩やかな傾向にあります。

仕掛け花火は見にくいですがゆったりと花火を楽しむにはいいかもしれません。

 

③(番外編)横須賀米軍基地

毎年よこすか開国祭に合わせて米軍基地が一部開放される「ヨコスカフレンドシップデー」を開催しており、基地内から花火を楽しむことができます。

花火の他にもステージショーやアメリカン屋台のフードコートもあり、ステーキやピザなど本場アメリカの味を楽しむこともできます。

開放時間は午前10時から午後8時までですので、朝一番で行って場所取りをしたら基地内でたっぷり楽しむのも良いかもしれません。

 

みなさん花火を存分に楽しみたい、混雑を避けたいという気持ちは一緒です。

他の方に迷惑をかけないよう最低限のマナー・ルールを守って花火大会を楽しみましょう!

sponsored link

素敵な彼女が簡単に見つかる話題のアプリ|今すぐ彼女が欲しいメンズは必見だ!

kappuru

「できることなら、彼女が欲しいけど、自分は奥手だから・・・」

「女友達は少ないし、毎日仕事が忙しくて出会いもない」

「街で声をかけるなんて、自分には恥ずかしくて絶対無理」

こんなふうに思って、彼女をつくることを諦めていませんか?

確かに、駅やショッピングセンターで「この女性いいな」と思っても 声をかけるのはかなり勇気がいりますよね。

「何、この人 と女性から気持ち悪がられたらどうしよう」

「冷たくあしらわれたら傷つくしな」

そう考えてしまって、一歩を踏み出せない男性は案外多いんですよ。



でも、大丈夫です。

もし、あなたがスマホをお持ちなら、これから紹介するアプリを使えば 簡単に理想の彼女を手に入れることができますから。

そう言うと、何だか胡散臭く感じてしまうかもしれませんね。



ただ、あるスマホアプリでは、毎日約10万組以上の 男女のマッチングが成立しているんですよ。

最近、AneCanやCLASSYなどの有名雑誌で紹介されて話題の タップル誕生というアプリは、毎日4500人が登録している 大人気の恋活アプリです。

kappuru

タップル誕生は、これまでに、2500万組のマッチングが成立していて 恋活アプリとして高い実績を誇っています。

とにかく登録者数が半端なく多いので これならあなたの理想とする女性に出会える確率もぐっと高くなります。



それこそ、街中でナンパなんて原始的なことをしている場合じゃないですよ。

もし、あなたが今すぐ可愛い彼女をつくりたいと考えているなら こちらからタップル誕生をチェックしてみてください!

公式ページ⇒タップル誕生の詳細をチェックしてみる