sponsored link

この記事では、2018-2019ドイツ村イルミネーションの期間や料金、混雑、アクセスなどの情報を紹介します。

 

東京ドイツ村イルミネーションの基本情報

例年たくさんの人でにぎわうドイツ村イルミネーション。

毎年テーマがあり、全長70メートルの虹のトンネルを抜けた先はテーマとなる風景をイメージした世界が広がります。

 

毎年大好評の光と音のショーをはじめ、トリックアートを取り入れた3Dイルミネーションなど

他ではあまり見かけない壮大なスケールのイルミネーションも

ドイツ村イルミネーションではお楽しみいただけます。

 

そして200万個のLEDが作り出すイルミネーションは、日本3大イルミネーションと

して有名で、とても圧巻です。

 

このドイツ村イルミネーションは2018年11月8日~2019年4月5日までお楽しみいただけます。(予定)

 

ドイツ村の入園料は歩いてご来場の方は4歳以上1人500円、車で来場の方は駐車場付き

の1台2000円でご利用いただけます。

有料にはなりますが駐車場が完備されているのも魅力のひとつだと思います。

 

また、イルミネーションの点灯は日没から20:00まで点灯され、ドイツ村への入園時間の最終は19:30となっております。

少し時間は早めにはなりますが、この頃は日没も早まりますので夕暮れごろからおでかけされるのもいいかもしれません。

 

通常ドイツ村の駐車場は無料開放されていますが、イルミネーション点灯期間中の駐車場利用は有料となります。

収容台数は3000台数は多くありますが、12月はほぼ毎日混雑していますのでお早めにおでかけください。

このドイツ村イルミネーションは他の野外イルミネーションと違い、車で通り抜けることもできるため、お子様連れやご年配の方で寒空を歩くのが困難な方にも車内からお楽しみいただけます。

 

寒い時期にしか味わえないイルミネーションですが、どうしても困難という方も外に出ることなく楽しめるのもドイツ村イルミネーションならではですね。

 

自動車は通行可能ですが自転車・バイクなどの二輪自動車は危険回避のため通行できませんのでご注意下さい。

このドイツ村イルミネーションは11月からイルミネーションが点灯始め、

4月までお楽しみいただけますがやはりクリスマスなどイベントのある12月はほぼ毎日混雑しています。

 

11月と年が明けてからの1月から4月までの平日は比較的空いてはいますが、4月の終了間際や休日はかなり混み合いますので早めに出かけるなど注意が必要です。

 

 

また、入園時間に限りがありますので点灯時間だけでなくドイツ村への入園時間も気をつけてくださいね。

 

また、このドイツ村イルミネーションは開催期間が長いので、春先まで楽しめるのが特徴ですが例年2月、3月は寒さもとても厳しいです。

天気によりイルミネーションの中止やドイツ村自体の休園はあるようですので天気予報をこまめにチェックされて、お出かけされる際にもマフラーや厚手の上着、手袋など防寒対策をしっかりされてからお出かけ下さいね。

 

イルミネーションが点灯すると昼間とちがった雰囲気を見せてくれるドイツ村ですが、近くに観覧車もあり、いつもは見上げるイルミネーションが主流ですが、観覧車から見下ろす景色もまた格別です。

 

クリスマスなどは混雑するかと思いますがカップルなどでにぎわっています。

いつもと違った雰囲気で観覧車から眺めてみるのもいいかもしれませんね。

sponsored link

 

アクセス方法

このドイツ村イルミネーションはアクセスもよくどの交通機関でも

来場できます。

 

車でのアクセス:館山自動車道「姉崎袖ヶ浦IC」より約3km、約5分

首都圏中央連絡自動車道木更津東ICから約10分。

 

電車でのアクセス:JR袖ケ浦からバスで農協平岡支店前停留場下車、徒歩15分ほどです。

 

高速バスでのアクセス:JR千葉駅より運行している高速バス「カピーナ号(千葉~鴨川線)」、東京ドイツ村下車

 

車、高速バス、電車で来園可能です。

この期間中、往復シャトルバスも出ています。

袖ヶ浦から乗車でき、14:30から18:30までの間30分間隔で運行しています。

 

帰りはドイツ村から袖ヶ浦まで15:30~20:30の間30分間隔で運行しています。

いずれにせよ時間帯には気をつけて乗車されてください。

 

駐車場はありますが、アクセスもよい場所にありますので公共交通機関を使って

来場されてみてはいかがでしょうか。

 

3大イルミネーションに選ばれていることもあり、イルミネーション点灯前にとても混雑しています。

混雑をさけるために昼間の空いている時間にシャトルバスなどを利用して来園し、

イルミネーションの点灯時間まであたりを観光されるのもいいかもしれません。

 

寒空を楽しめるウインターイベントとして定着しているイルミネーション。

寒いのが苦手、子ども連れでも楽しみたいというかたも車内や観覧車から

楽しめるというのもこのドイツ村イルミネーションならではだと思います。

 

出不精になってしまう季節ですが、あたたかい格好でこの時期にしか味わえない空気をぜひお楽しみいただければと思います。

sponsored link