この記事では、2018年の小松基地航空祭の撮影ポイントやスケジュール、駐車場などを紹介します。

 

小松基地航空祭の基本情報

石川県の航空自衛隊小松基地は民間航空の小松空港と滑走路を共有して使用しているので、滑走路を挟んで反対側にあることでも有名です。

毎年基地が無料で開放され、航空ショーやブルーインパルスの披露など

で賑わいます。

今年は2018年9月17日(予定)の祝日に行われ、小松基地は当日7:45~15:30間

無料で開放される予定です。

 

毎年恒例となっております、F-15J、U-125A、UH-60J、F-2、T-4などによる

編隊飛行や軌道飛行、救難展示なども行われます。

また、小松基地には退役したF-86「14-8217」、「52-7408」のほか、F-104J「46-8646」、T-33「81-5379」、T-34「61-0402」などが保存展示されており、例年の基地の無料開放ではこうした機体も併せて見学することができます。

 

また、2016年のスケジュールとしましては

7:45〜8:35 オープニング
8:55〜9:30 機動飛行(第6航空団)
9:30〜10:00 救難展示(救難隊)
10:00〜11:10 編隊飛行および機動飛行(飛行教導群)
10:00〜10:50 編隊飛行(第6航空団)
10:45〜11:05 F-2訓練展示
11:30〜12:00 グライダー
13:00〜13:50 ブルーインパルス

 

このようなタイムスケジュールも組まれ、目白押しのイベントです。

雨天決行とのことですが、天候次第ではプログラムの変更や中止なども考えられますので、おでかけの際はお気を付け下さい。

また、航空祭の目玉でもありますブルーインパルス。

小松基地ではウォークダウン(起動)からテイクオフ(離陸)、曲技飛行展示、タッチダウン(着陸)までのフルコースを観覧することができます。

4機によるダイヤモンドテイクオフ(編隊離陸)や、空にスモークでハートを描くバーティカルキューピッド、☆型を描くスタークロス、着陸前の最大の見せ場のコークスクリューなど、迫力ある華麗な演技が続き圧巻です。

 

また、子ども向けのイベントもあり、いろいろなキャラクターの花自動車や輪投げ大会、スタンプラリーなどもあるのでご家族連れでぜひおでかけ下さい。

隊舎地区へ向かうと屋台も出ており、冷たい飲み物や軽食などはもちろんのこと航空自衛隊限定の帽子などのグッズも販売されておりますのでお楽しみいただければと思います。

 

おすすめの撮影ポイント

ファンにはたまらないこの小松基地航空祭ですが、写真をたくさん撮りたい方や写真メインで来場されるかたも多いのではないでしょうか。

この小松基地航空祭では、会場で写真を撮るか空港側から撮影することもできます。

会場で撮影される方には、会場ならではの雰囲気の中航空ショーだけでなく地上展示も撮影できますし、飛行展示は観客の方が見やすいように飛行することからとてもいいアングルで撮影可能だと思います。

 

ただ、会場はたくさんの人出が予想されますので、入場や退場時、トイレの混雑など懸念されます。

会場内で撮影されたいかたは早めの行動がいいかもしれませんね。

また、向かい側の空港展望デッキでも鑑賞いただけます。

 

空港展望デッキは、トイレも近いですし県外からお越しの方はそのままデッキへあがっていただけると思いますが、機体自体が少し遠目だったり逆光気味だったりするので下調べされてからお出かけされた方がいいかもしれませんね。

メインのブルーインパルスの飛行も会場の観客様向けに演技をしますので少し物足りなさを感じるかもしれませんね。

 

地上展示は空港展望デッキからは鑑賞いただけませんので、そちらをご覧になられたいかたはぜひ会場まで足をお運び下さい。

そして、飛行自体は左回りから右側へ飛んでいき、海上を旋回したのち左側から着陸するというのが一般的です。

住宅地などへの影響も懸念されているようですので、撮影ポイントとしましては右側に位置し着陸してくるところを撮影するのもいいかと思います。

 

毎年10万人以上のかたでにぎわうこの小松基地航空祭ですので、お早めに場所取りされるなどして対策をとられてみてください。

また、会場内はレジャーシートの持ち込み出来ません。

飛行中にレジャーシートが舞い上がり飛行に影響が出ることを懸念し、持ち込みができないようです。

 

まだまだ暑さの残る時期ですのでタオルやクーラーボックスなどを持ち込んで椅子代わりにされている人も多いです。

飲み物などを冷やすこともできますので、クーラーボックスは上手な活用法かもしれませんね。

ぜひ暑さ対策もお忘れ無くされてください。

sponsored link

おすすめの駐車場

10万以上の人でにぎわいますが、専用の駐車場は用意されていません。

ただし、臨時駐車場が準備されます。

・串工業団地臨時駐車場

・鉄工業団地臨時駐車場

・小松駅周辺臨時駐車場

です。

この3つは早朝4:30から開場され、駐車することが出来ます。

 

どの駐車場も会場から少し離れているため、会場までのシャトルバスも運行されていますがブルーインパルスの飛行後はシャトルバス待ちが1時間待ちになるほど大混雑です。

とにかく混雑しますので、早め早めの行動がいいかもしれません。

 

また、小松駅周辺の有料駐車場は

・小松駅前立体駐車場(311台収容)

・小松駅東駐車場(150台収容)

・小松駅西駐車場(117台収容)

いずれも24時間出庫可能で、最大1000円でご利用いただけます。

 

うまく活用され、年に1度の大イベントをお楽しみ下さいね。

sponsored link