sponsored link

冬の風物詩イルミネーションは冬のデート、スポットとして定番中の定番です。

最近では敷地内を盛大に彩る施設も増え、寒くなってきたら「イルミネーションを見に行こう!」と多くの人が思うのではないでしょうか?

今年もあと少しでイルミネーションの時期を迎えるということで、今回はうどん県とも言われている香川県で開かれている「まんのう公園イルミネーション」についてご紹介します。

 

香川県仲多度郡まんのう町に位置する「国営讃岐まんのう公園」は四国で唯一の国営公園で350haもの広大な敷地を7つのゾーンに分け、年間を通して様々なイベントを楽しむことができるので毎年家族連れをはじめ、多くの来場者で賑わいを見せている場所です。

平成18年から始まったイルミネーション「ウィンターファンタジー」は、「回を重ねるごとにグレードアップしている」として地元民をはじめ、各地から多くの見物人が押し寄せる人気スポットです。

 

その人気は「四国の冬の風物詩」と呼ばれているだけあって人気ランキングでは香川県内では堂々の1位、全国でも上位12位にランクインするほどです。

この記事では、2018-2019年のまんのう公園イルミネーションの駐車場や期間、時間、混雑などを紹介します。

 

まんのう公園イルミネーションの基本情報

2017-2018年のまんのう公園「ウィンターファンタジー」は2018年11月18日から翌2019年の1月3日まで開催が予定されています。

点灯時間は通常午後5時30分から8時までですが、土日祝日や年末年始の繁忙期には閉園を1時間遅くし、午後9時までイルミネーションを楽しむことができます。

ただし、まんのう公園にはイルミネーション期間中であっても休園日があるので、お出かけ前によくチェックして行きましょう。

 

期間中休園日

11月21日・28日

12月5日・12日・19日・29日~31日

 

まんのう公園は景色が良い場所としても有名で讃岐山脈を一望できる絶景スポットでもあり、一日では回り切れないほど広大な敷地のいたるところで約50万個を超える電飾で彩られたイルミネーションを楽しむことができます。

公園の入り口では約10mもの高さを誇るシンボルツリーが私たちを出迎え、園内の芝生広場一面には幻想的なイルミネーションが広がりその姿はまさに圧巻です。

その他にも全長100mの光のトンネルや「昇竜の滝」と呼ばれる落差9mの人工滝のライトアップなど煌びやかな景色を存分に堪能できます。

 

そして忘れてはいけないのが高さ5mのシャンパンタワーです。

このシャンパンタワーはなんと4900個ものグラスが積み重なっていて、土台からのライトアップでグラスがキラキラと輝く姿は透き通ったツリーのようで見ている人の心を奪い、水面に眼をやるとそこにはイルミネーションの輝きが映り込んでおりこれもまた絶景です。

「風景写真を撮りたい」という方は水面とイルミネーションを入れたショットはまんのう公園に来たからには外せない一枚となるでしょう。

 

間近でみるのもいいですが、高台から全体を見下ろした姿も絶景です。

シャンパングラスタワーの西側には丘があり、そこを登ると手前側エリアのイルミネーションを一望できるオススメのスポットです。

まんのう公園は地形が波打ったような形なので敷地全体を一望することは困難ですが、各所に小高い丘のような場所があるので、イルミネーションを間近で見ながら園内を散策し、絶景スポットを探してみるのもいいかもしれません。

 

まんのう公園のイルミネーションを見るには入園料がかかりますが、国営公園ということもあってか他より多少値段が安く、存分に楽しむことができます。

また20名以上の団体の場合は更に安く楽しめるので遠方から行く方はお友達同士大勢で行くのも良いかもしれませんね。

 

入園料

大人  (15歳以上) 一般410円 団体290円

シルバー(65歳以上) 一般210円 団体210円

こども (小・中学生) 一般 80円 団体 50円

sponsored link

 

イルミネーションと言えば「混雑」が付き物ですよね?

例年期間中の入れ込み客数は約14万人とそれほど大混雑する場所ではありませんので、「やや賑わっている」という感覚でもいいかもしれません。

平日であれば駐車場もほとんどスムーズに車を入れられ、休日でも長くても30分ほど待てば駐車できるかと思います。

 

しかし世の皆様が一斉にイルミネーションを見に行く「クリスマスシーズン」だけは例外です。

12月20日~25日ころはまんのう公園イルミネーションは最も混雑する期間と言われており、臨時駐車場を開設するも早い時間帯から満車状態なので1時間以上待つことを覚悟しなければいけません。

園内に入ってしまえば敷地は広大ですので人でもみくちゃになるようなことはありませんので、駐車場待ちが嫌な人は公共の交通機関でアクセスすれば何の問題もありません。

 

クリスマスシーズンに車で行くという方でも早い時間に来ていれば問題なく駐車できます。

午後5時30分開園ですので、遅くても30分前、できれば1時間前に来ていればイルミネーションを早々に楽しめ、帰りの混雑も回避することができます。

 

まんのう公園へのアクセス方法ですが、車を利用する方は高速道路「坂出IC」から約35分・「善通寺IC」から約25分・「美馬IC」から約40分でアクセスできます。

電車を利用する方はJR「琴平駅」・琴電「琴平駅」・「岡田駅」からタクシーで15分、又はJR「琴平駅」・琴電「琴平駅」から運行している「美合線(三角・落合橋・奥川行き)」バスで「まんのう公園口」下車後、徒歩約30分でアクセスできます。

バスを利用の方は片道460円がかかり、バス乗車前に管理センター(0877-79-1700)へ連絡すればバス停から園内までを車で送迎してくれるとのことです。

sponsored link

 

穴場の駐車場

園内には4か所の駐車場が用意されており、普通車は310円、大型車は1,030円、二輪車は100円で駐車することが可能です。

クリスマスシーズンの繁忙期は少々待つこともありますが、遠くまで停めに行くよりは空きを待った方が早く園内に入場できるかと思います。

4か所それぞれの駐車場は「中央駐車場902台」「北駐車場260台」「自然生態園17台」「お花見広場24台」の駐車スペースが設けられていてエントランスに一番近いのが中央駐車場ですが、他の駐車場に停めて付近を散策しながら中央へ向かうのも良いでしょう。

 

繁忙期に行く方でどうしても駐車場が不安という方はJR「琴平駅」・琴電「琴平駅」周辺であればコインパーキングがいくつかあるのでそちらに駐車してタクシー又はバスで公園まで移動すると良いでしょう。

ただし、どの駐車場もあまり多くの台数分スペースがありませんのでご注意ください。

琴平駅周辺の主な駐車場はこちらです

 

・ナイスパーキングNP琴平町第3-123

住所:仲多度郡琴平町

台数:5台

料金: 8:00~18:00 300円

18:00~ 8:00 300円

 

・ナイスパーキングNP琴平町-119

住所:仲多度郡琴平町川東163-2

台数:5台

料金: 8:00~18:00 300円

18:00~ 8:00 300円

 

・タイムズ琴平こんぴら前

住所:香川県仲多度郡琴平町631

台数:121台

料金:平日1時間300円 24時間最大500円

休日1時間500円 24時間最大800円

 

※町営駅前駐車場は午後6時~7時頃で営業終了となるのでその時間以降まで駐車する方はご注意ください。

sponsored link