hair-loss
女性のムダ毛処理では、美容サロンに行って脱毛をすることはより一般的となっています。
それは女性が、自分で行うムダ毛の仕上がりを求めるためです。
女性は毛の自己処理が、お肌にどれだけダメージを与えるのかよく知っているからなんです。
電車広告などを見ていると分かりますが、世の中には脱毛サロンがこれでもかってくらいあふれています。

さて、男性のムダ毛処理はどうでしょうか。

そのムダ毛処理は肌を傷つけているかも?

shaver
自分で行うムダ毛処理で最も多いのは、カミソリやシェーバーを使って、ムダ毛を剃ることです。
もっとも手軽にできる、ムダ毛処理の方法なので、皆さんやられていることと思います。

でも、カミソリやシェーバーを使用して毛を剃ると、
ムダ毛と一緒に、「肌をキレイに保つのに必要な角質」も一緒に剃り落してしまうことはご存知でしょうか?
一見なんとも無く見えますが、知らないうちにあなたのお肌を傷付けてしまっているのです・
せっかく時間をかけて、カミソリやシェーバーを使って剃っても剃り残しがあったり、剃ることを繰り返しているうちに肌が荒れたり、綺麗にならないのなら、時間がもったいないですよね。

毛を溶かしたり、脱色する薬剤を使用は?

脱毛には、カミソリやシェーバーを利用したムダ毛処理以外にも、
脱色剤や抑毛剤など、ムダ毛を薬剤で溶かしたり脱色して行う自己処理方法があります。
脱色剤や抑毛剤なら、「直接肌の角質を削り落とさないし、安全!」
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
実はこれも、お肌にとってはNGな刺激です。とても強い刺激です。

どうしても薬剤を使って自己処理をしたい方は、
できるだけ回数を少なくし、自己処理後は化粧水や保湿ローションなどを使用して、
しっかりアフターケアを行いましょう。

アフターケアを行えば、幾分か肌への刺激が広がるのを抑える事が可能です。

毛抜きやピンセットで抜く方法は?


毛抜きやピンセットを使用したり、脱毛ワックスなどで毛を毛根からゴッソリと引き抜く方法もあります。
ムダ毛を根元から処理できるので、処理後の肌はとてもきれいに見えるかもしれません。
また、次の生えてくれるまでも時間がかかるため、
長く肌の毛の状態を保つという意味でも良い方法と思っている人もいることでしょう。

しかし、ムダ毛を抜く時に毛穴の中で、出血してしまうことがあるんです。
穴の中で出血すると、かさぶたをつくり、毛穴の出口をふさいでしまいます。
毛穴の奥で作られた新しい毛は、出口がふさがっているため、普通に生えてきません。
とぐろをまいて、皮膚の中でムダ毛が成長してしまいます。

これを「埋没毛」と言います。

この埋没毛はとても厄介で、肌の表面から、毛が伸びて生きているのが見えるのに、
肌の表面に毛が出ていないので、処理できません。

こうなってしまったら、皮膚に切れ目を入れて引っこ抜くしかないですが、
また同じことを繰り返す可能性もありますので、
同様のことを繰り返していると、皮膚に相当なダメージを与えることになります。

男性のムダ毛処理で一番良い方法は?


仕上がりがキレイで、肌を傷つけないムダ毛処理は、女性にとっては当たり前な
エステサロンで行われる「メンズ脱毛」です。

行ったことの男性にとっては未知の領域ですし、
そこまでする必要ある?本当に行く必要ある?と思うかもしれませんが、、、
実は、若い世代を中心に、多くの方がエステサロン(脱毛サロン)に行き始めています。

エステサロン(脱毛サロン)によっては、キャンペーン価格を出しているところもあるので、
その時期に申し込めば、かなりお得な価格で脱毛することができます。

お試しコースでは、1部位 1000円/回などの破格なコースもありますので、
まずはお試しから初めてみて、自分に本当に合うのか試してみるのが良いと思います。

オススメの記事