どうも、ダイスケです。

向上心の高い人が陥りがちな失敗として、あれもこれもと「to doリスト」にやるべきことをたくさん書いてしまい、結局どれも中途半端な状態にして、右往左往している人をよく見かけます。

to doリストに項目が増えれば増えるほど、1つの作業に集中しにくくなるので、そのタスクから脱線してしまう可能性が高くなります。

例えば、時間を大切に使おうという意識の高い人は、必ずといっていいほど、to doリストを作成しており、その日、その週にやるべきことを明確にしています。

 

しかし、「やることリスト」にいったん書いてしまった事柄は、書いた時点で所有欲が生まれるので、取捨選択できなくなってしまうことがあります。

 

資格取得、英会話、ダイエットなど…..

自分磨きに余念のない人は、to doリストが重要度の高い項目で、埋め尽くされていますが、一日の時間は限られているので、実際にはすべてを実行することは難しいのです。

 

そのため、1つの作業を行っているときに、他の作業が気になってしまい、集中力を低下させる原因になりますし、ひとつひとつの作業が雑になる懸念もあります。

このような状態に陥らないためには、どうすればいいでしょうか。

方法は、やるべきことを「3つ」に絞るのです。

 

優先度Aのタスクを「3つ」のみに絞ることで、あれもこれもとto doリストに支配されることはなくなるはずです。

自分が、その日に絶対にやらなければならない、重要度と緊急度が両方とも高い事柄を3つ選び出して、それらを完結させることに全力をつくすのです。